テスラは今後3年間の設備投資計画を更に増強予定

tesla-logo02 TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、短・中期的に数十億ドル規模の投資支出計画を更に増強しています。

ブルームバーグによると、この修正計画は、7月25日未明の証券取引委員会の規制当局への提出書類で明らかにされました。

テスラの四半期報告書によると、テスラは現在、今年と今後2年間のそれぞれの資本支出に60億ドルから80億ドルを支出する見込みとのことです。以前、テスラは設備の増強やその他の設備投資に50億ドルから70億ドルを費やすと予測していました。ただし、テスラは、追加の設備投資資金を何に使う予定なのか、具体的には明かしてはません。

一方でイーロン・マスク氏とテスラ経営陣は、ギガ・テキサスやギガ・ベルリンでの設備増強による増産を考えていることが分かっています。マスク氏は、5月末のテスラ・オーナーズクラブ・シリコンバレー、メンバーとのインタビューで、2つの新工場のモデルYの生産量を増やすのに苦労していると総評しています。

giga-belrin-fy22
Credit:Tesla

生産量やその他のサービスを向上させるための投資は、需要に追いつくことを目指し続けるテスラにとって、賢明な行動といえます。さらに、先日お伝えしたように、テスラはF1のピットクルーからヒントを得て、テスラのサービスストップを迅速化することも考えているようです。

つまり、この設備投資の一部は、1時間サービスの取り組みをサポートするために、テスラサービスに回されると見ることもできるでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました