テスラは「F1ピットクルーの技術」で即日スピードメンテナンスサービスを目指す

tesla-service-01 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

イーロン・マスク氏は、テスラが「F1ピットクルーのテクニック」を駆使して、できるだけ頻繁に車両の同一時間サービスを実現することを目指していることを発表しました。

例によってマスク氏はTwitterでこの発表を行いました。

「テスラサービスと協力して、可能な限り頻繁に同じ時間のサービスを可能にすることに興奮している!。テスラにF1ピットクルーの技術を適用するのです。」

テスラがこのような取り組みを発表したのは、実は今回が初めてではありません。2015年にテスラは、F1歴25年、元レッドブル・レーシングのチーフメカニックであるケニー・ハンドカマー氏を、サービスイノベーションのグローバルディレクターとして採用し、新しいサービスプログラムを主導しています。

ようこそ
チーフボルトケニーをテスラモータースに迎え入れました。彼はF1の技術を応用して、車の整備に革命を起こすでしょう。

彼が最初に導入したプログラムの1つが、待ち時間を抑制するためのサービスセンターにおけるF1にインスパイアされた「ファストレーン」方式でした。ハンドカマー氏は2017年にテスラを去り、現在はルーシッド・モーターズでグローバルテクニカルサービスとオペレーションを担当しています。

今日のこの新しい発表は、テスラがすでにここ数カ月の間に、サービスに改めて注力することを発表した後に行われたものです。先月、テスラが北米でサービスに取り組んでいるというマスク氏の発表と、テスラが予約の大半を当日修理にすることを目指していることをお伝えしました。

テスラの販売車両はサービス・インフラよりもはるかに速いペースで増加しているため、このサービス拡充は最も必要とされていることです。しかし、マスク氏は、テスラがどのようにそれを達成する計画なのか、詳しくは説明しませんでした。

テスラのサービスに関する問題は予想されるものよりもはるかに大きく、テスラが訓練を受けていない従業員を他部門から自動車修理・サービス部門に派遣するまでに至っていたことが判明しています。

即日修理の発表から1週間後の全社会議で、マスク氏は従業員から質問されて以下のように説明しました。

「私たちは、車両アプリを利用していますが、比較的従来型のサービスを行っていると思います。しかし、テスラには、どうすればサービスに革命を起こせるか、他の業界の10倍は良くできるかを考えてほしいのです。」

tesla-model-s-red

イーロン・マスクCEOは、予約の3分の2を当日修理にするという目標は、そのミッションの一部であると述べました。テスラがさまざまな修理のデータを調べたところ、サービスセンターに部品さえあれば、ほとんどの修理が即日でできると考えているとのことでした。

マスク氏は、テスラがその目標を達成するためには、より大きなセンターと、より専門化したサービス、つまり、各サービスセンターが非常に特殊なサービスを行うためのサービスベイを持つようになることを目指していると述べています。新しく発表された「F1ピットクルー技術」は、その新しいモデルにつながる可能性があるようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました