テスラ、北米で当日サービスを提供することを目標に取り組む

tesla-shop TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、北米のほとんどの車両が即日サービスを受けられるように取り組んでいます。一部の車両はまだサービスまで長く待たなければなりませんが、テスラは業界内で他に類を見ないハイエンドなサービスをユーザーに提供することを目指しているようです。

tesla-service-01
Credit:Tesla

この10年間、テスラは製造に重きを置いてきました。しかし、モデル3とモデルYという2つの大衆車が開発・生産され、200万台以上の車両が市場に送り出された今、同社は車両のメンテナンスに注力しなければなりません。テスラは、顧客の小さな問題の多くは、しばしばモバイルサービスを通じて迅速に解決できますが、より複雑な問題を抱える顧客はより長く待たなければならず、増え続ける車両台数はより深刻な課題を露呈しています。

特に同社の主要市場である北米でのサービス拡充の必要性は、2021年にテスラCEOのイーロン・マスク氏も声を上げていたことで、テスラ社側も十分認識しています。

2022年6月4日土曜日には、マスク氏は北米において2/3の車両が即日サービスを受けられるように取り組んでいると、重要な発表を行いました。これは、時には予約を入れるまでに数週間待たされることもあったユーザーにとって、実に心強いニュースです。

テスラの北米向けサービスに取り組んでいます。
目標は2/3の車に待ち時間なしの即日サービスを提供することです。

現在、北米には約200のサービスセンターがあり、そのうち約160が米国内にあります。マスク氏の発言によれば、近い将来、その数は大幅に増えるはずで、サービスセンターの負担を軽減し、同社の電気自動車保有に対する満足度を高めることができるということになります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました