テスラ ロボタクシー、2022年第2Q資料で「開発中」の車両として掲載

Tesla-bus-boring-company TESLA News
Credit:The Boring Company
スポンサーリンク

これまでの四半期、テスラのアップデート・レター(テスラ・シェアホルダー・デッキ)では、開発中の次期プロジェクトに言及する際、「フューチャープロダクト」という言葉のみが記載されていました。これが2022年第2四半期のアップデートレターでは一変し、テスラがサイバートラック、テスラセミ、ロードスターの次に開発する車両は「ロボタクシー」であることを示しました。

テスラ2022年度第2四半期 報告書より
Credit:Tesla

テスラのロボタクシーへの言及は、過去にもイーロン・マスクCEOによって共有されてきましたが、このサービスで使用される車両は、数年の間に都度更新されてきています。イーロン・マスクCEOの『マスタープラン・パート2』や2019年に開催された自動運転イベント『オートノミー・デイ』において、マスク氏はテスラのロボタクシーサービスがテスラモデル3のような車両で構成されることを示唆していました。

テスラは、モデル3のリースプログラムを開始したとき、この戦略を変化させたようです。従来のリースシステムとは異なり、リース契約のモデル3は、リースが満期になると買取りができないシステムとなりました。テスラによると、これは、自動運転型ライドシェアリング・ネットワークにリース車両を使用するためだということです。

一方で最近になって、FSDベータプログラムの拡大とともに、テスラ独自のロボタクシーフリートに対する戦略も変化してきているようです。今年4月にギガファクトリー・テキサスで開催されたオープニングイベント「サイバー・ロデオ」で、イーロン・マスク氏は、ロボタクシーは全く新しい「未来的」な車両になると言及しました。これは、テスラがライドシェアリングサービス用の専用車を設計することを示唆するものとなりました。

この後、2022年第1四半期の決算説明会で、イーロン・マスクCEOがロボタクシーの特徴についていくつかのヒントを示すなど、次期車両に関するさらなるコメントが共有された。マスク氏によると、テスラのロボタクシーはFSDを中心に構築されるため、もはやハンドルやペダルすらないだろうとのことです。

「ギガテキサスのオープニングで言及した新しい車両にも取り組んでおり、それは自律性に高度に最適化された専用のロボタクシーで、つまり(ハンドルもペダルも)持たないということです。その周辺には、非常にエキサイティングなイノベーションがいくつもあります。しかし、これは、1マイルあたりのコスト、1キロあたりのコスト、すべてを考慮した上で、最も低いコストを達成しようとするものです。非常に強力な製品になると思います」とマスク氏は語った。

テスラは、イーロン・マスク氏の簡単なコメント以外、ロボタクシーの詳細についてほとんど何も語っていません。しかし、2022年第2四半期の決算説明会でのテスラ幹部のコメントを考慮すると、ロボタクシーがシンプルさと効率性を念頭に置いて作られることは間違いなさそうです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました