テスラ、4680バッテリーパック生産台数が年内に週1000台を突破へ

tesla-battery-4680-production-line TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、スケーリングがすべてのメーカーにとって最大の課題であるように、新型4680バッテリーセルの生産増強で引き続き課題に直面している。しかし、新しいセルの全体的な生産量は、年末までに週当たり1,000台のバッテリーパックの製造を超える予定とのことです。

4680-strucural-battery-pack02
Credit:Tesla

新製品を市場に投入することは、常に困難な課題です。新しい技術、プロセス、材料、生産設備の使用は、全く新しい経験であり、目標達成のための途中経過でしかノウハウが形成されないため、スムーズにいかないことが大きな問題となります。テスラは2020年に新型の4680バッテリーセルを導入することで、最短距離でビジョンを実現できることを目指しましたが、生産のスケールアップには時間がかかかっています。ギガ・ベルリンとギガ・テキサスのバッテリー生産設備を立ち上げる過程では、現在も課題を抱えている状況ですが、完成に向け徐々に解決しているようです。

2022年第2四半期の決算説明会で、イーロン・マスク氏は、現状を説明するいくつかの説明を行いました。

「私たちが今注目しているのは、4680バッテリーセルの生産立ち上げを阻害する何十もの小さな問題です。その中でも特に難しいのが、アノード・カソードの材料供給です。私たちはこのバッテリーに画期的なドライ電極プロセスを使っているからです。しかし、画期的なものであればあるほど、解決しなければならない未知の部分が多くあります。その未知なるものを解決する自信はありますが、非常に難しいです。その点で、私たちは急速に前進しています。ですから、最初の仕事は、本当に基本を正しく理解し、大量生産と高い信頼性を得ることです。そして、その中で非常に迅速に反復し、エネルギー密度を高め、セルのコストを削減します。」

現在、テスラは主に従来型の2170バッテリーセルを使って電気自動車を製造しています。同社によると、2022年に予定されている自動車生産量には問題なく足りるはずとのことです。しかし、すでに2023年には、4680バッテリーセルが活躍することになる。テスラのシニア・バイス・プレジデント、パワートレインとエネルギーエンジニアリング責任者のドリュー・バグリーノ氏は、今年末までに週当たり1000台のバッテリーパック製造に到達するはずだ、と述べています。

「4680の生産拡大に向けて前進しているわけです。しかし、イーロンは、今、私たちは、テキサスとベルリンを立ち上げるために十分な量を持っているサプライヤーのセルを活用している、と述べました。4680バッテリーパックの総生産台数は、年末までに週1,000台を超え、できればその前に–かなり前に–増産する予定です。」

バグリーノ氏は、カリフォルニア州フリーモントのカトーロード工場の生産ラインも増産を続けており、3月以降、前月比約35%増の生産高を記録していると述べました。また、工場全体の歩留まりは、すでにほとんどの地域で目標値に達している状況です。この好成績を得るために、同社はセルの設計を一部変更し、より高い性能と製造のしやすさを確保しました。また、製品ラインの統合をさらに進め、プロセスも追加しています。これらの変更により、ギガ・テキサスとギガ・ベルリンは、量産開始までに新たな生産立ち上げの問題を克服する必要があります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました