テスラ、保有するビットコインの大半を売却

bitcoin TESLA News
スポンサーリンク

テスラ(TSLA)は本日、前四半期中に保有するビットコインの大部分、約75%を売却したと発表しました。テスラはその理由については詳しく説明しませんでした。

2021年初頭、テスラはビットコインに15億ドルを投資しました。その直後、テスラは新車の代金支払いにこの暗号通貨を受け入れ始めました。

しかし、その数日後、テスラはビットコインの支払いオプションを急遽削除し、同社は、ビットコインマイニングの大量消費するエネルギー需要に対する懸念を指摘しました。

「テスラは、ビットコインを使用した車両購入を停止しました。我々は、ビットコインの採掘と取引のために化石燃料の使用が急速に増加していることを懸念しており、特に石炭はあらゆる燃料の中で最悪のCO2排出量を持っています。」

これは、テスラが初めてビットコイン投資を発表したときに、多くのテスラコミュニティメンバーが共有した懸念であり、多くの人が「そもそもおかしい」と怒ったものです。

当時テスラは、ビットコインへの出資を売却していないこと、マイニングネットワークが再生可能エネルギーの比率を高めたことを示したら、ビットコインによる支払いを再開する予定であることを表明していました。

最初の投資から1年後、テスラのビットコイン保有額は、ほんの数カ月前に20億ドルにまで増加しました。

そしてビットコインを始めとする暗号通貨は今年、その価値を大きく失い、テスラのポジションも大きく影響を受けたと考えられます。先月、テスラはビットコインへの投資で5億ドルも減少している可能性が高いと報告していました。

しかし、テスラはその損失の一部を回避できた可能性があるようです。

tesla-model-3-lr-white

21日の2022年第2四半期決算発表で、テスラはビットコインのポジションの約75%を売却したことを公表しました。

「第2四半期末現在、私たちはビットコイン購入の約75%を不換通貨に変換しています。第2四半期の変換は、結果として私たちのバランスシートに9億36百万ドルの現金を追加しました。」

その75%からおよそ9億36百万ドル、そして投資の初期に一種のストレステストとして2億5千万ドル以上を売却したことから、テスラは暗号通貨への投資額15億ドルについてまだ上積みして売却いる可能性が高いと考えられます。

テスラが売却を公表した後、ビットコインの価値は下落しましたが、現在はほぼ回復している状況です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました