テスラのビットコイン購入が再び可能に?

bitcoin TESLA News

先日、イーロン・マスクCEOは、テスラのビットコイン取引について、あるメディアが報じた不正確な情報を訂正しました。テスラCEOのビットコインに関する最近のコメントは、テスラが将来的にビットコインよる購入を再開する可能性があることを明らかにしています。

コインテレグラフは、シグニアのCEOであるMagda Wierzycka氏が、イーロン・マスク氏がビットコインの価格を急激に上昇・下降しさせたことを批判したと報じました。このシグニアのCEOは、マネーショーのブルース・ホイットフィールド氏とのインタビューで、「ビットコインで見られるのは、1人の非常に強力で影響力のある個人による価格操作だ」と述べています。

加えて「私たちが見てきた(ビットコインの)変動は、イーロン・マスク氏による市場操作と呼ぶべきものです。上場企業でこのようなことがあれば、彼はSECから調査を受け、厳しい制裁を受けるでしょう」とWierzycka氏は述べています。

bitcoin

イーロン・マスク氏は、Twitterの返信で、テスラのビットコインに関するポンプ&ダンプ(風説の流布)疑惑は不正確であると指摘しました。同氏は、テスラは、ビットコイン(BTC)が 「市場を動かさずに簡単に清算できるかどうか」をテストするために、保有するビットコインの10%未満を売却しただけだと説明しています。

訳文:これは正確ではありません。テスラは、市場を動かすことなく簡単にビットコインを清算できることを確認するために、保有資産の10%を売却しただけです。

マイナー(採掘者)による合理的な(~50%)クリーンエネルギーの使用が確認され、将来的にポジティブな傾向が見られれば、テスラはビットコインの取引を再開するでしょう。

第1四半期の決算説明会で、テスラの最高財務責任者(CFO)であるザッカリー・カークホーン氏は、TSLAのBTC保有状況について同様の発言をしました。同氏は、テスラがBTCに150万ドルを投資し、そのポジションを10%切り下げた結果、同社の第1四半期の財務状況はわずかに改善したと説明しました。

ザッカリー・カークホーン氏

「我々のビットコインの話が始まったのは、多分、ここで少し文脈を共有するためだと思います。イーロンと私は、すぐに使わない現金を保管する場所を探していました。ある程度のリターンを得ながら、流動性も確保したいと考えていました」

「特に、オースティンとベルリンの工場のローンチを控えていることや、半導体などのキャパシティに不安があることを考えると、現金に素早くアクセスできることは、今の私たちにとって非常に重要なことです。特に利回りが非常に低く、リスクを負わず、流動性を犠牲にすることなく、このようなことができる伝統的な手法は、少なくとも我々が求めるものではありません」

テスラをビットコインに関与させるというマスク氏の決断は、同社の支持者やメディアなどから反対する意見が寄せられているのが現状です。テスラがビットコインのマイニングや取引に使用される化石燃料の急激な増加を理由に、ビットコイン取引を突然停止したとき、彼は非難を受けました。最終的に、テスラとマスク氏は、環境への影響が、暗号通貨としてのビットコインの将来性を上回ると判断しました。

しかし、マスク氏は、ある条件のもと、将来的にテスラのビットコイン取引を再開することに前向きな姿勢を見せています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このビットコインをはじめとする暗号通貨へのコミットは疑問符が付きます。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました