テスラのAI技術者アンドレイ・カルパシーがテスラを退社

training-tile TESLA News
スポンサーリンク

テスラの人工知能(AI)担当シニア・ディレクターであるアンドレイ・カルパシー氏が、同社を退社することを発表しました。カルパシー氏は、4ヶ月の長期休暇を経てテスラに戻ろうとした矢先の水曜日午後に、Twitterで退社を発表しました。

カルパシー氏は発表の中で、テスラでの5年間の在職中、オートパイロットが車線維持から完全自動運転(FSD)ベータ版で市街地を航行するまでに成熟するのを助けたことは、「大きな喜び」であったと述べています。

カルパシー氏は、その後のツイートで、「次のことについて具体的な計画はありませんが、AI、オープンソース、教育における技術的な仕事に関する私の長期的な情熱に再び時間を費やしたいと考えています」と述べています。

この発表から数分のうちに、彼の元上司イーロン・マスク氏は、テスラへのすべての貢献に対して感謝し、彼と一緒に働けたことは光栄だったと返信しています。

アンドレイ・カルパシー
「過去5年間、テスラの目標達成に貢献できたことは大きな喜びでしたが、別れるのはつらい決断でした。この間、オートパイロットは車線維持から市街地走行へと進化し、非常に強力なオートパイロット・チームがその勢いを維持するのを楽しみにしています。」

イーロン・マスク
「テスラのためにしてくれたすべてのことに感謝します。一緒に仕事ができて光栄でした。」

カルパシー氏は、3月のある時期から、マスク氏が4ヶ月の長期休暇を取ることを明らかにした後、テスラを休んでいました。カルパシー氏は当時、テスラで5年近く働いた後、休養と旅行の時間を取ってテスラに戻ることに興奮していると語っていました。

カルパシー氏の離職は、テスラにとって、人間よりも安全なFSDベータを年内に全オーナーの手に渡したいという重要なタイミングでの出来事でした。この予定が今どのように変化しているのかは不明です。

Tesla-AI-Day-Andrej-karpathy-neural-networks-vs-brain
Credit:Tesla

カルパシー氏が指摘するように、テスラには非常に優秀なオートパイロットチームがあり、今後はアショク・エルスワミ氏が率いて、この技術を成熟させ続けることができると期待されています。また、カルパシー氏は、オートパイロットチームがいかに深く、優秀であるかを強調するために、別のツイートでフォローアップしています。

「オートパイロット・チームは何百人もの優秀なエンジニアで構成されており、彼らは自分たちのしていることをよく理解していますが、私ほど世間に知られてはいません。私はその中の一部分に過ぎませんが、単に私に大きなスポットライトが当たっているのだと思います。」

リンクトインのプロフィールによると、カルパシー氏は2017年6月にテスラに入社し、直近の職務ではオートパイロットのコンピュータビジョンチームを率いていました。テスラに入社する前のカルパシー氏は、イーロン・マスクCEOが支援するOpenAiで研究科学者を務めており、2018年まで同社の取締役も務めていました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました