テスラモデルY、中国で6月に最も売れたSUVに

tesla-model-y-red-01 TESLA News
スポンサーリンク

テスラ モデルYの6月の中国での小売販売台数は52,150台で、2位のBYD宋の31,787台を大きく上回りました。

テスラ モデルYの中国での販売台数は、上海でのロックダウンが生産に影響を及ぼしたため、4月と5月に急落したものの、6月には力強い復活を遂げました。

中国乗用車協会(CPCA)が7月8日発表したランキングリストによりますと、このSUVの6月の中国での小売販売台数は52,150台で、1年前の11,623台から348.7%増加し、同月に中国で最も売れたSUVとなりました。

このリストは、電気自動車(EV)と従来の内燃機関(ICE)車を含むすべてのSUVと、すべての価格帯を考慮に入れていることに留意することが重要です。

モデルYの6月の販売台数は、2位のBYD宋の31,787台(前年同月比122.1%増)を大きく上回りました。

ホンダの売れ筋CR-Vは6月に2万4,326台を販売し、前年同月比62.9%増となっています。

これまで長らくランキング1位を維持していた長城汽車の「ハバルH6」は、6月に2万1040台を販売し、前年同月の2万6771台から21.4%減少して4位となりました。

CPCAが7月8日に発表したデータによると、テスラは6月に78,906台の中国製車両を販売し、昨年12月の過去最高である70,847台を上回ったということです。

しかし、テスラの上海工場が3月28日から4月末までコロナに起因する上海のロックダウンの影響により生産を停止したため、中国でのモデルYの小売販売台数は4月に960台、5月に5875台と極端に減少しました。

1-6月の中国におけるモデルYの小売販売台数累計は133,666台で、前年同期の46,180台から189.4%増加し、CPCAのランキングで2位となりました。BYD宋は1~6月の販売台数が162,573台で、前年同期の76,234台から113.3%増加して1位となりました。そして哈弗H6の1〜6月の販売台数は123,496台で、前年同期の188,828台から34.6%減少し、3位となりました。

テスラの上海工場は現在、モデル3とモデルYのみを生産しており、中国人のSUV嗜好により、この1年の大半はモデルYがモデル3よりも好調に推移している状況です。

CPCAによると、6月のテスラモデル3の中国での小売販売台数は25,788台で、1年前の15,509台から70.1%増加し、ベストセラーセダン上位15台の7位にランクインしています。

1位は日産シルフィーで45,767台、2位は上海GM武陵の紅光ミニEVで39,798台でした。

新エネルギーセダンの6月販売ランキングでは、テスラモデル3が3万9798台でミニEV、2万6383台でBYD秦に次いで3位となりました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました