テスラ中国、最新動画でOTA(Over The Air)アップデートの重要性をアピール

tesla-china TESLA News
スポンサーリンク

テスラ中国は、最新のビデオで、無線(OTA)ソフトウェア更新の重要性を訴えています。テスラは、自動車のソフトウェア更新にOTAを使用するようになり、自動車業界を変えたといえるでしょう。

テスラ中国は、モデル3パフォーマンスのトラックモードのアップデートがハードウェアのアップデートを必要としないことを強調しました。

「2018年、テスラ モデル3 パフォーマンスは、新しいトラックモードを開始します。ハードウェアの改造をしない同じクルマで、アマチュアレーシングドライバーにレーストラックでのドリフトのスリルを体験してもらうことができます。」

動画では、OTA技術の仕組みについて説明がなされました。インターネット接続さえあれば、OTAを利用してソフトウェアアップデートを行うことができるのです。

「新しい体験を得たいユーザーは、画面上のボタンをクリックするだけでいいのです。」

次に、様々なテスラオーナーが、OTAを利用してアップデートされた機能の中で、どのようなものが好きかを紹介しました。モデルYのオーナーであり、プロダクトデザイナーでもある孫さんは、以下のように説明します。

「これは私のモデルYですが、テントを接続して、クルマを2ベッドルームのアパートにしています。テスラがキャンプモードをアップデートしたことに気づきました。これでクルマが巨大なエアコン室外機として機能するようになりました。」

孫さんは他にも、セントリーモードや、無くした携帯電話を持ち主に返すために使った方法など、お気に入りを教えてくれました。ある日、車を駐車場に停め、戻ってきたら携帯電話が置いてあったそうです。セントリー・モードは、持ち主が携帯電話を落としたことを記録していたのです。

「セントリー・モードがあったからこそ、持ち主に携帯電話を返すことができたのです。だから、この機能は役に立つのです。」

孫さんが体験したアップデートで最も印象に残っているのは、テスラのブラインドスポットカメラです。

「方向指示器を有効にすると、画面にライブ映像が表示され、より簡単に曲がることができるようになりました。」

イーロン・マスクCEOは、テスラでは安全が最重要だと何度か発言しています。

「性能と思われることもありますが、テスラでは常に安全性が第一の設計要件です」

孫氏は、OTAソフトウェアでアップデートされたお気に入りの機能を共有する数人のテスラオーナーの一人です。今回の映像はいかからご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました