イーロン・マスク : テスラは、持続可能な未来のために、3つの柱を迅速に拡大生産する必要がある

tesla-solar TESLA News
スポンサーリンク

イーロン・マスクによれば、電力の配送電、持続可能な発電、そして定置用バッテリーによるエネルギー貯蔵は、持続可能なエネルギーの未来の3本柱であるということです。テスラはそのすべてに取り組んでおり、その生産規模を速やかに拡大することが、目標の達成を加速させることになります。

テスラを従来の自動車メーカーと誤解している人が多くいます。その中には、テスラが世界の発展に極めて重要な方向性をもって貢献しようとしていることを、詳しく述べない人や、意図的に軽視する人もいます。しかし、テスラの最大の目標は、炭化水素を採掘して燃やす経済から、持続可能なエネルギー経済への移行を促進することであり、同社の製品のほとんどは、その目標達成のための手段に過ぎないのです。

ジョナ・クライダー氏は最近、自身のポッドキャスト「ゲッティング・ストーンド」でテスラCEOイーロン・マスク氏にインタビューするため、ギガ・テキサスを訪れました。ゲイル・アルファー氏もこの会合に参加し、彼女自身がいくつかの質問をする機会を得ました。What’s Up Teslaブログの記事の中で、人類の持続可能な未来についての会話から得た貴重な洞察を披露しています。

「絶対に、エネルギーは経済の基盤です。もし、エネルギーがなければ、文明はすぐに崩壊してしまいます。大量の飢餓が発生するでしょう。恐ろしいことです。」と、イーロン・マスク氏は言っています。

イーロンは先日、「テスラ・マスタープラン」を作成中であることを一般に公開しました。マスタープラン第3弾として、インタビューの中で、少し掘り下げて説明してくれました。

彼は改めて、持続可能なエネルギーの未来には、電気輸送、持続可能な発電、定置用バッテリーエネルギー貯蔵の3つの柱があり、それぞれの機能を果たすには完璧な開発が必要であることを強調しました。テスラの主な活動はこれに集中しており、3つの方向すべてにおいて、さらに徹底した課題解決を行うことを意味しています。

中でも、定置用バッテリーの重要性は高く、生産量を増やしている状況です。イーロンは、これは長期的にはテスラのビジネスの非常に大きな部分を占め、地球の全体的なエネルギーソリューションの重要な部分になると述べました。

tesla-megapack
Photo: Contego project/Abdul Latif Jameel Energy

彼は、人類がエネルギーを貯蔵するために約300テラワット時、つまり30万ギガワット時が必要になるとテスラが推定していることを明らかにしました。これは、電気、輸送、暖房のすべてを含む地球を完全に変革するのに十分な量であるはずだと明言しました。そのためには、膨大な数の定置用バッテリーを生産する必要があります。廃棄までのバッテリー寿命を20年程度と想定し、イーロンは年間15テラワット時の安定生産が必要だと計算しましたが、テスラの現在の生産量は年間1,000ギガワット時程度であり、明らかに問題があることがわかります。

イーロンは、このことを踏まえ、スケーリング(生産拡大)が最大の課題であり、マスタープランの第3部の中核に据えると述べました。また、テスラがどれだけ早くサステナビリティに移行できるかのレートの基本的なガバメントは、「リチウムイオンバッテリーの生産量をどれだけ拡大できるか」であることを強調しました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました