青信号機チャイムを全テスラに搭載予定

tesla-software-update TESLA News
スポンサーリンク

最新のテスラソフトウェアアップデート(2022.20)が北米で順次テスラ車に適用され、リリースノートにあるように、いくつかのアップデートがあります。

2022.20リリースノート

- シート拘束システム:より多様な衝突に対応するシートベルトの締め付けを実現

- サスペンション:他のテスラで収集されたデータを使用して、荒れたストリートパッチ用にサスペンションを調整

- 基本AP/EAP(オートパイロット/強化型オートパイロット)のグリーンライト(青信号)チャイム

青信号チャイム

まず何よりも、青信号チャイムがすべてのテスラ車に搭載されます。

この機能は、前方の信号が青になったとき、または誰かの後ろにいる場合は、車両が前進した時点でチャイムを再生するものです。これまでは、FSD(Full Self-Driving:完全自動運転)オプションのある車両にのみ搭載されていた機能です。

テスラが、FSD機能をテスラ全車両に移行したのは、これが初めてかもしれません。

テスラ アダプティブサスペンション

次に、テスラ アダプティブ サスペンションが改良されました。

この改良により、これから走行する悪路の区間に合わせて車高を調整することが可能になりました。この調整は自動で行われ、テスラ車両に記録されたデータに応じて更新され続けます。

この機能を有効にするには、タップする必要があります。

コントロール -> サスペンション -> アダプティブ・サスペンション・ダンピングを選択し、コンフォートまたは自動設定を選択します。

タイヤコンフィギュレーション

3つ目は、タイヤ設定の改善です。

この新しい設定により、ユーザーはタイヤのローテーション、交換、または交換後に学習したタイヤ設定をリセットすることができます。

ユーザーは、タップして手動で設定をリセットする必要があります。

コントロール -> サービス -> ホイールとタイヤの設定 -> タイヤ

シートベルトシステム強化

ついに、シートベルト・システム・エンハンスメントが安全性を向上させました。

この改良により、前面衝突時にテスラビジョンを使ってプリテンションを提供することができるようになりました。このアップデートにより、シートベルトはより早く締め付けられ、適切に拘束された乗員を保護します。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました