テスラの「強い競争力」で株価が格上げ

tesla-logo-gray TESLA News
スポンサーリンク

テスラ社は早くから「垂直統合」に注力しており、その成果が出る可能性が高いと考えられます。

RBCキャピタルマーケッツのアナリストによると、テスラ社は短期的にも長期的にも良好な状態にあり、その「有利な」ポジショニングの中で強気に転じたばかりだそうです。

RBC のジョセフ・スパック氏は、電気自動車メーカーのTSLA株価を、日曜遅くにセクター・パフォーマンスからアウトパフォームに格上げし、同社の「より有利な短期戦略」と、「テスラのサプライチェーンと垂直統合への注力は、中期の競争優位となるだろう」との見通しを示しました。

スパック氏は、コンセンサス予想では第2四半期のテスラの納車台数は27万9000台とされているが、バイサイドの予想を25万台とし、自身の予想も24万9000台としている、とのことです。それでも、「テスラの上海工場がフル回転しているという報道が正しければ」、テスラの追加生産車の納車能力次第では、上昇の余地があることを認めています。

さらに、第2四半期や年後半にマージンが上昇する可能性も指摘しました。テスラの納車台数は第1四半期より少なくなると予想されていますが、スパック氏は、「テスラがしばらく前に行ったものの、受注残を処理するために実現できていない価格設定措置を考えると、平均販売価格がおよそ3%押し上げられる可能性がある。」と書いています。

スパック氏は、今年後半に目を向けると、テスラは30%以上の自動車粗利率を実現できるだろうと書いています。コンセンサスでは約28%としていますが、「上海がペースを取り戻し、ベルリンとテキサスの立ち上げと価格の値上げが前四半期に続くため」だそうです。

giga-shanghai-export-01
https://twitter.com/Berlinergy

テスラの長期的なシナリオについて、スパック氏は「テスラの業界ポジショニングはますます競争優位的」だと考えています。同社はこれまで「寡占的なポジショニング」の恩恵を受けており、競合他社が製品を強化すれば電気自動車のシェアを失う可能性が高いですが、テスラの需要の勢いと価格の動きから利益を得る機会を考えればそれほど心配はしていません。

しかし、より重要なのは、テスラがサプライチェーンに関してライバルに対して重要な優位性を持っているとスパック氏は考えていることです。

「テスラは、原材料の供給のために切った取引についてかなり秘密主義ですが、接触者と話す中で、我々は彼らが他の既存自動車メーカーよりも多くを行っていると信じています。同社は早くから垂直統合(電池/原材料だけでなく、モーター、半導体、ソフトウェアも含む)に注力しており、その成果が出そうなのです。」

「テスラの収益と今後数年間の現金創出は、株式を通貨として使用する能力に加え、強力な競争力を与える材料の構築と確保に役立ちます。」

一方でスパック氏は顧客向けメモの中で、テスラ株の目標株価を1175ドルから1100ドルに引き下げました。

テスラの株価は、月曜日の市場前取引で約4%下落している。金曜日までの年初来では34.1%の下落で、S&P500のSPX, +3.06%は18.2%の下落です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました