テスラの第2Q見通しで、クレディ・スイスが目標株価を引き下げ

tsla-2206 TESLA News
https://finviz.com/
スポンサーリンク

クレディ・スイスのリサーチアナリスト、ダン・レヴィ氏とトレバー・ヤング氏は、テスラ社の中国上海のおけるコロナロックダウンによる懸念を2022年第2四半期の配送台数への大きな懸念として挙げ、テスラ株(NASDAQ: TSLA) の目標価格を1125ドルから1000ドルへ引き下げました。

「我々は、テスラの2022年第2Qの納車台数は、上海のコロナ・ロックダウンが主因で、セルサイドのコンセンサスである28万台に対して24万2千台と予想しています。」とアナリストは書いています。

テスラの株価は4.52%上昇し、金曜日に737.12ドルで取引が終了しています。

2022年4月、テスラは中国の都市でコロナ患者が増え始めたため、ギガファクトリー上海の生産ラインを3週間停止させました。この停止により、テスラは月次生産台数の97%が生産できず、4月は3月に比べて極端に少ない台数となりました。その後、工場は生産を再開し、むしろ早く通常の生産量に戻りました。

また、レヴィ・アンド・ヤング社は、第2四半期のEPS予想を2.06ドルから1.10ドルに引き下げると発表しました。これは、第2四半期の販売台数見通しを29万5,000台から24万2,000台に引き下げたことによるものです。

投資家へのレターには、以下のように書かれています。

「全体として、上海の操業停止は、第2四半期に約9万台の生産損失をもたらしたと考えられます。なお、イーロン・マスクCEOは第1Qの電話会議で、第2Qの納車台数は1Q(31万台)と同等か若干少なくなると述べていますが、我々は、上海のロックダウンが予想より長かったことと、オースティンとベルリンの立ち上がりの遅さが、下振れを暗示していると考えています。」

「さらに、販売台数の減少、それに伴うマージンへの影響、ビットコインの減損が予想されることから、第2四半期のEPS予想を2.06ドルから1.10ドルに引き下げ、コンセンサスの2.08ドルを下回る見込みです。」

テスラは、ここ数四半期、納車台数と財務指標でコンセンサス予想を上回り、アナリストの予想を日常的に上回ってきました。第1四半期、テスラは総売上高187億5600万ドル、総利益54億6000万ドルを計上しました。これは、売上178億ドルというコンセンサス予想を上回るもので、さらに、EPSも大幅に上回り、1株当たり3.22ドルを計上しました。

クレディ・スイスは、テスラがこのセクターのリーダーであることに変わりはなく、競合他社を大きく引き離していると考えています。

「テスラはEVの世界的リーダーであり続け、サプライチェーンのリスクが高まる中、垂直統合におけるテスラの優位性とEVの先行経験により、EV競争におけるテスラの他の自動車メーカーに対する優位性は増幅されると考えています。」と、メモには書かれています。

レヴィ氏はティップ・ランクで7,901人のアナリストのうち2,540位にランクインしています。彼の成功率は35%で、平均リターンは4.7%です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました