イーロン・マスク、テスラ サイバートラックのデザインを正式に決定したと発表

tesla-cybertruck-nyc TESLA Blog
スポンサーリンク

イーロン・マスクCEOは、最近のインタビューで、テスラがサイバートラックのデザインを最終確定し、2023年に予定されている生産に向けて進んでいることを公表しました。

マスクCEOは、テスラ・オーナーズ・シリコンバレーのメンバー、およびキロワッツのエリ・バートン氏とライアン・ルベンソン氏と共に、ギガファクトリー・テキサスで会社の日常業務の細かい点についての長いインタビューに応じました。

このインタビューの中で最も興味深かったのは、マスク氏がサイバートラックのデザインが「ロックされている」ことに言及したことです。

テスラは2019年11月に米国カリフォルニア州ホーソーンでサイバートラックを初公開しましたが、マスク氏はその後には「デザインは確定していない」と述べていました。当初、この電動ピックアップトラックの寸法は、住宅の車庫や普通の駐車スペース、ボーリング・カンパニーのトンネル、欧州の街中の道路には大きすぎるように見えました。マスクCEOはその後、サイバートラックの寸法を3%縮小することを明らかにしたこともありました。

「サイバートラックは非常に小さな違いはありますが、ほぼ今のような外観になるでしょう。サイズを数パーセント調整したんだ。3%くらいか、それ以下。(ボーリング・カンパニーの)トンネルに対して2インチほど大きすぎるのは困りますからね。」

マスクCEOは、テスラの現在のデザインが最終的なものであると確信しているようで、それはこの革新的な電動ピックアップトラックにとって大きな一歩となるでしょう。

テスラは以前までもっと前の時期に生産を開始することを望んでいましたが、サプライチェーンの問題や半導体の不足など、同社がコントロールできないことが製品ライン全体に影響を及ぼしている状況です。そして今年初め、テスラは2023年まで新製品のリリースを遅らせると公表し、その状況が改善され、より安定した状態になることを望んでいました。需要増で受注が伸びている最中に、新車を増産しようとしても意味がなく、既存の注文をこなすのが難しくなるだけだからです。

今回の目標となる納期は2023年の2Qということで、ギガファクトリー・テキサスが新しくモデルYの生産と納入を開始してからおよそ15カ月遅れということになります。

インタビューの詳細はこちらでご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました