テスラサイバートラック、オートパイロットチームとともにCVRPイベントに登場

cybertruck-10 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、ニューオーリンズで開催されたCVPRイベント(IEEE / CVF Computer Vision and Pattern Recognition Conference:CVF コンピュータビジョン・パターン認識会議)で、オートパイロット・チームとともに、サイバートラックを再び働かせています。

週末にミシガンで登場したサイバートラックとは異なり、今回のサイバートラックはセミを傍らに置かずに会議に設置されています。

テスラのオートパイロット・ディレクターであるアショク・エルスワミ氏は、サイバートラックの写真をTwitterに公開し、エアロカバー、ドアハンドル、ミラー、ワイパーがないオリジナルのプロトタイプであることを示しました。

この斬新な電動ピックアップトラックが登場することで、カンファレンス参加者のテスラへの関心と注目が集まり、同社のオートパイロットチームに優秀な人材が集まることが期待されます。

CVRPは、自らを「メインカンファレンスといくつかの併設ワークショップやショートコースからなる、毎年開催される最高峰のコンピュータビジョンイベント」と表現しています。

最近、全米の複数の場所にサイバートラックが出現したことは、テスラが修正目標を達成し、2023年に生産を開始する見込みであることを示す良い兆候であると期待されます。

サイバートラックは2019年に初めて発表され、2021年に生産を開始すると予想されていました。しかし、バッテリーの供給制約やサプライチェーン全般の問題に直面し、サイバートラック、セミ、ロードスターの生産を来年まで延期せざるを得なかったと、4月のサイバーロデオでイーロン・マスクCEOが発表した最新のアップデートでは述べられています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました