テスラの元従業員、事前通告なしの大量解雇をめぐり提訴

tesla-people TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラの元従業員が、最近の従業員の大量解雇は米国連邦法に違反するとして、テスラを提訴しています。元テスラ社員らは、同社が労働者調整再研修通知法(WARN法)で義務づけられている事前通知を十分に行わなかったと主張しています。

ブルームバーグの報道によると、ギガファクトリー・ネバダのジョン・リンチ氏とダクストン・ハーツフィールド氏は、同社がWARN法に基づく60日間の通知要件を満たしていなかったと主張しているようです。

米国連邦法によると、「雇用主がその種の命令を書面で通知してから60日の期間が経過するまで、工場閉鎖や大量解雇を命じてはならない。」とされているとのことです。

tesla-giga-factory-nebada
Credit:Tesla

2人の元テスラ社員は、ギガファクトリー・ネバダで約5年間働いていました。彼らは日曜日にテキサス州オースティンの連邦裁判所にテスラに対する訴訟を起こしまし、その中でリンチ氏とハーツフィールド氏は、テスラから解雇の事前通知を受け取らなかったと主張しているようです。リンチ氏は6月10日に解雇通知を受け取ったといい、ハーツフィールドは6月15日に通知を受け取ったということで、更に二人の解雇はいずれも「即時発効」だったとのことです。

WARN法に基づき、雇用主はこの種の情報が発表されると、従業員の各代表者または従業員に直接通知しなければならないとされています。また、大量解雇の書面による通知は、国または国が指定する迅速な対応活動を行う団体に提供されなければなりません。大量解雇が行われる地方自治体の選出された最高責任者にも通知されなければなりません。

リンチ氏とハーツフィールド氏は、5月と6月に行われた同社の大量解雇の対象となった他の労働者に代わり、テスラに対する集団訴訟を求めています。原告側は、解雇通知から60日間の補償と給付、弁護士費用などを求めています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました