テスラ モデルS、3、X、Yにラグジュアリーな専用インテリアが登場

Exclusive-Luxury-Interiors-by-Von-Holzhausen-x-Unplugged-Performance-Image-4 TESLA News
https://unpluggedperformance.com/
スポンサーリンク

アンプラグド・パフォーマンス社は、フォン・ホルツハウゼン社との共同プロジェクトにより、テスラの新車に専用の豪華なインテリアを購入したり、オーナーが自分の車のインテリアをアップグレードしたりできることを発表しました。この機能は、モデルS、3、X、Yが対象で、将来のサイバートラックやロードスターでも利用できるようになる予定です。

6月20日、アンプラグド・パフォーマンス社はプレスリリースで、新製品であるテスラ車専用の豪華な内装を紹介しました。フォン・ホルツハウゼン社のチームは、持続可能でハイテクな素材「Banbū」スキンを開発しています。この素材に関する説明によると、ラムスキン(子羊の皮)のようにバターみたいに柔らかく、傷に強く、汚れに強く、水に強く、軽量で、竹から作られた「ヴィーガンレザー」だということです。

https://unpluggedperformance.com/

このヴィーガンレザーを利用したテスラ・モデルS、モデル3、モデルX、モデルYのための専用豪華インテリアは、アンプラグド・パフォーマンスとフォン・ホルツハウゼンとの共同プロジェクトです。これは、サイバートラックやロードスターが市場にリリースされた後には、この専用コラボレーションプログラムを通じて入手することができるとのことです。

両社は、この専用のインテリアを顧客の個々の好みに応じて選択し、完全に内装改修された新型テスラを購入する機会を提供します。実際には、アンプラグド・パフォーマンス社は顧客の希望する車を購入し、ホーソーンの施設から受け取り、その場ですべてのカスタム作業を行います。作業終了後は、専門の運送会社と連携して、安全にクライアントに納車し、また、すでに納車されたクルマには、専用のインテリアをオーダーすることも可能となっています。

注文にあたっては、顧客は全額返金可能な500ドルの手付金を支払う必要があります。この手付金は、生産待ち行列の予約を確保し、このハンドメイドのインテリアの相談を開始するために必要です。 フォン・ホルツハウゼン社の特注インテリアの北米での価格は29,995ドルで、以下の写真のような外観となります。この支払いには送料は含まれていません。ステッチのディテールの好み、ステッチ糸の色のオプション、パーフォレーション、複数の素材の色などは、追加費用なしで付与することができます。

フォン・ホルツハウゼン、アルカンターラ、その他の高級素材を車両全体に使用した完全なカスタム・インテリアは、39,995ドルからで、特別な要望はお客様によって追加で指定できる場合があります。次に利用可能な購入枠は、北米向けに2022年冬にオープンします。アンプラグド・パフォーマンス社は、カスタムデザインと手作業のため、このプログラムは非常に限られており、各車両に100時間以上のプロの職人技が必要であると公表しています。そのため、同社は、製造スケジュールの枠を確保するために、早めに製造枠を予約することを推奨しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました