みずほ証券アナリストがテスラ(TSLA)の目標株価を1,300ドルに引き上げ

tesla-tsla TESLA News
スポンサーリンク

中国上海市政府がコロナ関連のロックダウン規制をすべて解除した後、みずほ証券のアナリスト、ビジェイ・ラケッシュ氏は「買い」のレーティングを再開し、テスラ株(TSLA)の目標株価を1株あたり1300ドルに設定しました。

上海市でのコロナによるロックダウンは、テスラの2022年第1四半期の生産・納車台数に影響を与えました。このロックダウンは第2四半期にも及び、ようやく6月上旬に終了しました。とはいえ、ギガ上海ファクトリーは4月末に限定稼働を開始していたという状況です。

ラケッシュ氏は、テスラの米国カリフォルニア州フリーモント工場を広範囲に見学した後、今年の生産台数は140万台程度になると判断し、テスラが2022年に目標としている150万台にはわずかに及ばないとしています(Investing.comによる報道)。

コロナによる上海ロックダウンや世界的な半導体チップ不足の要因がなければ、テスラは機能する2工場(フリーモントと上海)だけで、2021年の100万台生産という目標に簡単に到達していたと考えられます。しかし、今年の後半が近づくにつれ、テスラはギガ上海ファクトリーを本格的な生産速度に戻すことができるようになるはずです。

gigashanghai02
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8

また、テスラは2022年の生産増強のために、ギガファクトリー・テキサスとギガファクトリー・ベルリンの2つの新工場の稼働を開始しました。この2つの拠点では、テスラは現在、ミッドサイズのコンパクトな電動SUVモデルYのみを生産しています。しかし、テスラは、これらの工場がそれぞれ何台の車両を生産しているか(1日または1週間あたり)についての情報を公表していません。おそらくこれは、2022年第2四半期の決算発表会または来る年次株主総会で明らかにされることでしょう。

テスラはすでに、モデル3とモデルYの車両を大量に欧州に送っています(以下のドローン動画参照)。これは、テスラのギガ上海工場が、生産台数の制限やコロナの制約にもかかわらず、素晴らしい台数を生産できたことを示しています。ラケッシュ氏の推定によりますと、ギガ上海工場は4月に約4万台を生産し、2022年1月の約5万1千台と比較して22%減となっています。

「自動車、集積回路、生物医学などの製造企業が点から面へとサプライチェーンをリードすることを支援し、産業チェーンとサプライチェーンにおける上流と下流の企業の協調的な作業再開を実現し、企業の生産効率を着実に向上させます。」中国上海市政府は新浪微博の公式ソーシャルメディアアカウントを通じてこの声明を共有しました。

上海市政府は、テスラを含む主要メーカーの本格的な生産再開を切望しています。したがって、通常の生産水準に戻る移行は、ギガ上海の一部の人が思っているよりも早いかもしれません。

つい先日、テスラのイーロン・マスクCEOは、「テスラ上海のチームをとても尊敬している」とツイートし、ギガファクトリー上海の勤勉なチームを称賛しています。上海からのテスラ車輸出のドローン映像は以下をご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました