イーロン・マスクのとにかくダイレクトなマネジメント・スタイル

elon-musk-smile TESLA News
https://youtu.be/ykzNSOiq_eg
スポンサーリンク

スペースXとテスラのCEOであるイーロン・マスクのマネジメント・スタイルを明らかにするのは、容易なことではありません。明らかに、社内の自由な情報の流れと直接的でダイレクトなコミュニケーションを求めるマスク氏の要求は不可避であり、指揮命令系統のような古い慣習に固執することは、プロセス全体を遅らせることになるとマスク氏は述べています。

マスクCEOの経営スタイルは、ひとつには直接的で、指揮命令系統に反していると言え、Inc.comのレポートにも詳しく書かれているように、2018年には一部の従業員に対してこの慣習に対する警告を発したことまであります。

重要なのは、マスクCEOが、肩書きや階級、地位に関係なく、情報はあらゆる方向に、そしてレベルを超えて行き来すべきと考えていることです。

マスク氏は、指揮命令系統を強制する者は「別の場所で働くことになるだろう」とまで言い、この問題をいかに真剣に受け止めているかを強調しました。

「コミュニケーションは、仕事を成し遂げるために必要な最短経路を通るべきであり、「指揮命令系統」を通るものではありません。指揮命令系統のコミュニケーションを強制しようとするマネージャーは、すぐに自分自身が別の場所で働いていることに気づくと思います。」と、マスク氏は2018年に従業員に送った電子メールで述べています。

非伝統的なアプローチの背後にある理由は、大きくは1つのこと、つまり、企業のレベルを超えて情報が普通に行き交うのにかかる時間に帰結します。最終的には、マスク氏がメールで説明しているように、直接的なアプローチが最も効率的で生産的なのです。

マスクCEOは従業員のオフィス復帰を望んでいます

「もし、部門間で何かを成し遂げるために、個々の貢献者が上司に話し、上司がディレクターに話し、ディレクターが副社長に話し、副社長がまたディレクターに話し、マネージャーが実際の仕事をしている人に話さなければならないとしたら、非常に非効率なことが起きるでしょう。これでは、とんでもないことが起きてしまう。直接話をして、正しいことが起きるようにしなければなりません。」と、マスク氏は付け加えています。

さらに、このアプローチでは、部門を超えた社員が自律的に仕事をすることができ、個人のモチベーションにもつながります。また、生産ワークフローを改善するために、問題の最前線にいる人が、すぐに対処しなければならないときに発言する権利も与えられます。

マスク氏が重視するダイレクト・コミュニケーションには、チームの物理的な地理的距離(近さ)も含まれています。

「テスラの社員は全員、週に最低40時間はオフィスで過ごすことが義務づけられています。しかも、そのオフィスは、遠隔地の疑似オフィスではなく、実際の同僚がいる場所でなければなりません。もし会社に来なければ、我々はあなたが辞職したものと見なします。」

と、マスク氏は最近、従業員へのEメールに書いています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました