テスラ、2022年第1Q 米国プレミアム・セグメントで販売トップ

model-3-red-head-light TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、消費者に内燃機関車から電気自動車への乗り換えを促すという目標を達成し続け、このセグメントで最高のものを提供しています。同ブランドは米国プレミアムセグメントの販売台数でトップとなり、2022年第1四半期の米国におけるEV販売台数の絶対的なリーダーとなりました。

tesla-model-y

エクスペリアンは、2022年第1四半期の米国自動車ブランド販売データの分析結果を発表しました。

このデータによると、テスラの電気自動車を選ぶ顧客が増え、テスラは大きな目標達成に向け順調に進んでいることがわかります。テスラの販売台数が伸び続け、EVを使用する利点の認知度が高まる中で、ガソリン車の販売台数は減少しています。

テスラは、2022年第1四半期に米国で139,338台を販売し、高級車セグメントでトップの販売ブランドとなりました。これは、2021年比で52%という驚異的な伸びを記録していることを意味しています。

米国テキサス州に本拠を置くこのメーカーは、最も近い競合他社に32,999台の販売台数という大差をつけています。2位はBMWで、販売台数は106,339台、2021年比で6.4%の減少を記録しました。レクサスは前年比18%減の88,672台もの減少で3位となりました。メルセデス・ベンツは8万3,358台で4位に入っており、トップ5を締めくくったのはアウディで51,011台、37%減という驚異的な減少率を記録しました。

テスラは、EVセグメントにおいて、間違いなく絶対的な販売リーダーであり続け、特に他のブランドと比較すると、このメーカーがどれほど力を入れているかは明らかです。139,338台の販売台数を誇るテスラは、他ブランドのEVの販売台数を合計しても、まったく手が届かない存在といえます。電気自動車カテゴリーで見ると、テスラのすぐ後ろには、2位がフォードの11,751台、3位が起亜の11,483台、4位が現代の9,675台となっています。

また、2022年1月から4月までの米国でのEV販売台数ベスト5には、テスラ車がすべてランクインしています。テスラ・モデルYが64,173台を販売しトップとなり、続いてテスラ・モデル3が56,525台で続いています。3位はテスラ・モデルSで11,499台。4位はフォード・マスタング・マッハEで、販売台数は10,740台です。テスラ・モデルXは7,141台でトップ5を締めくくるという状況で、テスラが米国のプレミアムセグメント及び電気自動車セグメントで非常に大きな存在であることがわかります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました