独ブランデンブルク州、ギガファクトリー・ベルリンの監査で大きな不備はないと判断

giga-belrin TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

米国の電気自動車メーカーであるテスラは、独ベルリン・グリューンハイデ(オーデルシュプレー州)に新設されたギガファクトリー・ベルリンにおいて、公害防止と自然保護に関する州の要求事項を「ほぼ満たしている」と、州の環境当局が発表しました。

これは、5月9日から20日にかけて行われた当局による包括的な監査の最初の結果による、と公開されているものです。インミッションコントロールの検査では、操業の禁止を正当化または必要とする事実は発見されなかったと、国家環境局は発表しています。

giga-belrin-fy22
Credit:Tesla

州環境庁は、いくつかの軽微な欠陥を指摘しました。例えば、機械の設置位置が提出された書類と施工図とで数メートルずれていたというようなことです。

「このような不備は、例えば騒音防止対策やその他の関連仕様に影響を及ぼさない限り、提出書類の更新や修正によって改善することができます。」と広報担当のトーマス・フレイ氏は述べています。また、まだ建っていない稼働中のユニットも表示されていました。いずれの不備も、継続的な操業に影響を与えることなく改善することが可能です。

州環境局によりますと、種の保護に関する要件は完全かつ専門的に実施されたとのことです。その中には、グラススネークやサンドトカゲの個体群の移動、樹木繁殖用の巣箱の設置、生態学的な森林転換などが含まれます。
グリューンハイデのギガファクトリー・ベルリンでは、3月22日から正式に電気自動車の生産を開始しました。環境省によると、いわゆる初期検査は、工場が操業を開始した後に行われるのが一般的なステップだということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました