テスラのナビ、気象データ利用により高精度に

tesla-screen TESLA News
スポンサーリンク

テスラは先日、エネルギー消費量の計算を驚くほど正確に行うためのアップデートを車両のナビゲーションシステムに展開しました。このアップデートは、ソフトウェアバージョン2022.16.0.2の一部としてリリースされました。

アップデート前は、テスラのナビゲーションシステムは、距離や高低差などのデータ、装着されているホイールの種類などの情報を使って、車両のエネルギー使用量、ひいては航続距離を予測していました。この機能を通じて、ドライバーは目的地に到着した際に、車両で利用可能なエネルギーの推定値や残りの航続可能距離を表示することができました。

model-y-01

テスラのアップデート2022.16.0.2は、この機能をさらに推し進め、ナビゲーションシステムが車両のエネルギー使用量を予測する際に、風の状態、横風の可能性、湿度、周囲温度などの要因を考慮するようになりました。この追加された気象データにより、テスラはより正確なエネルギー消費量を予測できるようになります。

テスラは、公式ツイッターアカウントを通じて、このアップデートを発表しました。

「テスラナビゲーションは、到着時のバッテリー%の計算において、予測される横風、向かい風、湿度と気温を考慮するようになりました。これは、現在の要素である予測速度、空調の使用、高低差、現在の気温、ルート/距離に加えて行われます。」とのことです。

テスラ ナビゲーションは、到着時のバッテリー残量を計算する際に、予測される横風、向かい風、湿度、気温を考慮するようになりました。

これは、現在の速度予測、空調の使用状況、高低差、現在の気温、ルート/距離に加えて考慮されます。

テスラのナビゲーションにおけるエネルギー予測システムは、追加の気象情報を使用することを考慮し、車両は更新された機能をサポートするためにアクティブなインターネット接続を持つ必要があります。これは、4G/LTEモデムを搭載していない初期のテスラモデルSのような一部の古い車両にとって問題となる可能性があります。

AT&Tは今年2022年2月に3Gセルラーサービスを停止しました。その結果、3G接続しか装備していないテスラは、リモートロック解除、ライブトラフィックアップデート、キャビンプレコンディショニング、スーパーチャージャーの利用、ナビゲーションなどの機能を失いました。AT&Tの3G携帯電話ネットワーク廃止の影響を受ける車の所有者は、テスラのLTEモデムアップグレード(200ドル)を利用することをお勧めします。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました