テスラは、販売とサービス許可無しに、インドでは工場を開設せず

tesla-model-3-white-00 TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、まずインドでの自動車の販売とサービスを許可されない限り、他の国と同様にインドに工場を開設することはないと、イーロン・マスクCEOは述べています。インド政府の近視眼的な態度は、同国における電気自動車の普及を妨げ、国民の生活の質を悪化させている可能性があります。

インドにおけるテスラの大変な努力にもかかわらず、同国政府はこれまで妥協していません。

これは、妥協するための適切な条件が作られていないため、テスラがインドで公式に自動車を販売することはすぐにはないだろうと推測されます。インドは、テスラが需要を調査するのに役立つ、電気自動車の輸入関税の引き下げを支援するつもりはないことを明らかにしており、その代わりに、インド政府は現地にテスラの自動車工場を建設することを要求しています。

model3-blue

テスラがインドチームを他国に移転させたという報道は、今回、新たな情報によって補強されました。同社のイーロン・マスクCEOは、テスラが自動車の販売やサービスを許可されないような国には工場を開設しない、と述べました。この発言は、製造施設の立地に関する同社の方針を明確に示しています。

テスラは、私たちの自動車販売とサービスが許可されない場所には、そもそも製造工場を設置しません。

テスラとインド政府は、2年以上前から合意に達しようと努力しています。インド政府は、テスラが高い輸入関税を回避できるように、国内に工場を開設するよう働きかけています。テスラの場合、関税は車両価格の100%に設定されており、要するに米国で購入する2倍の価格設定になるということです。これでは、テスラが需要を調査し、何十億ドルもかけて製造工場を建設する価値があるかどうかを調査することすらできません。このように、現時点では、どちらかが譲歩しない限り、この関係は行き止まりになってしまっているのです。

インドは世界第2位の自動車市場ですが、インド政府がテスラを歓迎しないことが、テスラの市場参入の大きな障害になっています。世界には、テスラを喜んで迎える国がたくさんあります。

自動車市場をよりカーボンニュートラルにするために、多くの国がEVの購入を奨励する政策をとっています。それに対して、インドの政策はEVの導入を阻害し、インド国民に損害を与えているような状況と言えます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました