テスラ、インドネシアでバッテリーとEV工場の建設を目指す

model-3-red-head-light TESLA News
スポンサーリンク

インドネシアの投資大臣バフリル・ラハダリア氏によると、テスラのイーロン・マスクCEOが先週末にジョコ “ジョコウィ “ウィドド大統領と会談した後、テスラがインドネシアにバッテリーおよびEV控除の計画を構築することに合意したようです。

「神の思し召しで、テスラは今年インドネシアに参入します。しかしながら、まだいつかは発表できません。まだ契約書を交わしていないので少しお待ち待ちください。どの程度投資するかもまだ秘密で、まだ公表できません。でも、これは非常にいいことで、大きなことです。」と、ジャカルタでラハダリア大臣は語りました。

ラハダリア投資大臣は、テスラがインドネシアでの新しいEV工場として、中部ジャワ州の工業団地を狙っていると漏らしたと、ベナーニュースは報じています。5月17日(火)、ラハダリア大臣は、インドネシアとテスラのチームは、2022年末までに確かな投資計画を持つことを望んで、取引に取り組んでいると述べました。

「チームは交渉中ですが、大統領はイーロン・マスクCEOを口説くための特別な考えを持っていますのでご安心ください。個人的には(それを)信じています。神の意思により、イーロン・マスク氏の(投資は)我が国にやってくるだろう。」とラハダリア投資大臣は語りました。

イーロン・マスクCEOはここ数週間、インドネシアの複数の政府関係者と会談しています。最近では、ジョコウィ大統領がテキサス州のスペースXにイーロン・マスク氏を訪ねました。

ジョコウィ大統領がスペースXを訪問した際、2人はイノベーションとテクノロジーについて話しました。以前、マスク氏とジョコウィ大統領はギガファクトリー・テキサスで会談し、テスラのインドネシアにおけるニッケル投資の可能性について議論しました。

戦略国際問題研究所(CSIS)は2021年12月、インドネシアのニッケル埋蔵量に触れた解説を発表しています。CSISによると、インドネシアは世界最大のニッケル埋蔵量を有しています。現在でも年間100万トンを生産し、世界のニッケル生産量の37%を占めているという状況です。

インドネシアは、そのニッケル埋蔵量を活用して、バッテリー関連のサプライチェーンメーカーの投資を誘致しています。インドネシア政府は、2020年1月に原料ニッケルの輸出を禁止しました。今年初め、政府は、原料ニッケルの輸出禁止により、鉱山投資とニッケル由来製品の輸出が増加し、インドネシアにプラスの影響を与えたと主張しています。

インドネシアは2021年5月にニッケルを処理する最初のプラントを稼働させ、さらに7つのニッケルプロジェクトが進行中とのことです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました