テスラの不合理なS&P500 ESG指数外しは、気候変動との戦いを逆行させる

tesla-esg TESLA News
スポンサーリンク

電気自動車と再生可能エネルギー貯蔵ソリューションにおける世界のリーダーであり、その活動と努力の全てが世界の持続可能なエネルギーへの移行を目的としている企業、世界で最も環境に優しいメーカーであるテスラが、S&P500 ESGインデックスから追い出されました。

説得力のない言い訳に裏打ちされたこの不条理な決定は、この指数に深い問題があることを指摘し、指数に対する完全な不信感を生じさせています。

S&Pダウ・ジョーンズは、テスラ社の環境・社会・ガバナンス(ESG)スコアは過去1年間かなり安定しているが、世界の同業他社の改善度には及ばないと報告しています。また、同指標プロバイダーは、労働条件に関する懸念や、同社の運転支援システムに関連する死傷事故に関する調査があることを挙げています。さらに、低炭素化戦略や事業規範の欠如も理由に挙げられています。

また、この指標提供会社S&Pダウ・ジョーンズ社は、テスラの驚異的な業績については否定的な表現を用いて、一瞥して言及するにとどめています。S&Pダウ・ジョーンズの北米シニア・ディレクター兼ESGインデックス責任者のマーガレット・ドーン氏は、火曜日のブログ投稿で、「テスラは、燃料電池車を道路から排除する役割を担っているかもしれないが、より広いESGレンズを通して検証すると、同業他社に遅れをとっている」と述べています。

問題を理解していない人は、このESGインデックスの情報を疑問無く取り入れることができ、状況の不条理さを理解することはできません。

ESG基準は、環境悪化、地球温暖化、富裕国と貧困国の経済格差の拡大への対応として登場し、新たな金融商品と基準の出現と発展のための新たな土壌を作り出しました。ある時期から、社会は企業の活動にさらなる要求を課し始め、財務報告に加えて、持続可能な開発への投資という観点から企業を評価するようになったのです。こうして登場したESG指標は、ステークホルダーが従う一種の経営理念となったのです。

ESG基準
  • 環境基準は、企業がどれだけ環境に配慮しているかを判断するものです。これには、温室効果ガスの排出、環境汚染、天然資源の利用、環境法の遵守などの問題が含まれます。効果的なESG戦略には、原材料の消費、水、二酸化炭素の排出など、運用コストとの戦いが含まれます。
  • 社会的基準は、スタッフ、サプライヤー、顧客、パートナーに対する企業の姿勢を反映します。これには、従業員の健康と安全、児童労働や強制労働の使用、従業員の専門的能力の開発、有害な労働条件、人権の尊重、商品の品質に関する顧客に対する責任も含まれます。
  • 経営基準またはコーポレートガバナンス基準は、経営の有効性、経営者の報酬の妥当性、株主の権利、監査の質、不正や汚職などに関連するものです。

当然ながら、インデックスが評価すべき最も重要な基準は(これはインデックス創設の当初の目的に沿っているため)環境基準なのです。しかし、指数の舞台裏の判断によれば、明らかにこの基準は全く重要ではなくなってしまったようです。それは、この分野で世界一の実績を持つテスラ社が除外されただけでなく、石油・ガスの巨大汚染企業であるエクソン・モービル社が10位でランクインしていることでも確認されます。

https://www.spglobal.com/spdji/jp/indices/esg/sp-500-esg-index/#overview

テスラは、製品の製造において最新のプロセスを開発・適用し、最も汚染を引き起こすものを排除することで、毎年、生産が環境に与える影響を減らしています。同社はサプライチェーンを注意深く監視し、環境に優しい方法で採掘/製造を行っているサプライヤーとしか提携せず、また児童労働や強制労働、人身売買の使用も認めていません。テスラは、ユニークな労働条件、適切な給与を提供し、キャリア開発と成長のための良い見通しを与えてくれるため、新卒エンジニアの就職先として、スペースXに次いで2番目に希望する企業となっているのです。

しかし、最も重要なことは、テスラが環境に良い影響を与える製品を作っていることです。同社は、消費者が二酸化炭素排出量を大幅に削減できるようなエコシステム全体を構築しています。太陽光発電を利用しているユーザーは、自宅の電力や自動車の充電をすることができ、その過程で二酸化炭素を排出することなく、すべてが可能になります。

テスラをESGから除外するという決定の不条理さに気づき、指数の信頼性に対する正当な疑念が生まれました。今、ESGが作られた主な理由の1つが考慮されなくなる瞬間が来たのです。

投資家は、石油・ガス大手のエクソン・モービルがテスラより環境に優しいと信じるように言われているのです。このような露骨な欺瞞とは別に、このインデックスは汚染企業の発展を促進し、その一方で、本当に投資に値する企業には投資を勧めず、その真の功績を認めていることを心に留めておく必要があります。またしても、人々は権力者の利己的な動機の犠牲者になってしまったということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました