テスラ、モデルS/Xにチルトスクリーン&新型ヘッドライト導入

model-s-headlights TESLA News
Credit:@klwtts/Twitter
スポンサーリンク

テスラは、モデルSとモデルXのデザインスタジオを更新し、両車両がスクリーンチルト機能付きで生産されていることを確認しました。

今週初め、4月29日に納車されたモデルSにスクリーンチルト機能が内蔵されていることが判明しました。この機能は、2021年1月にリフレッシュされたモデルS/Xのデザインが発表された際に約束されていたものですが、納車開始前にウェブサイトから削除されていました。

モデルXではまだこの機能の実例を見ることはできない状態ですが、テスラは今回、両フラッグシップ車のデザインスタジオにこの機能を追加しました。

情報筋によると、4月22日以降に製造されるすべてのモデルSとモデルXに同機能が搭載されるとのことです。この機能は多くの人たちから指摘されているように、実際には画面が傾くわけではなく、左右にパンする機能です。

また、テスラは、モデルSの製品ページに、この機能を紹介する新しい動画を追加しました。

テスラはまた、モデルSのデザインスタジオに、2月に初めて生産追加された新しいマトリクスLEDヘッドライトを搭載する変更を加えました。

一見すると気づきにくいかもしれませんが、下の画像のヘッドライトと比較すると、その違いは一目瞭然です。

https://driveteslacanada.ca/
https://driveteslacanada.ca/

この新しいヘッドライトは、それぞれのハウジングにLEDを配列した2種類のバルブを搭載しています。それぞれのLEDは個別に制御可能で、ほぼすべてのパターンで光を投射することができます。

Credit:@klwtts/Twitter

ヘッドライトが特定のLEDを選択的に点灯・消灯する技術はまだ完全に実装されていませんが、テスラが近々、無料の無線(OTA)ソフトウェアアップデートを通じて、(NHTSAに承認されたので)この機能をオンにすることが期待されます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました