テスラ、北米で最新のモデル3で旧式の非マトリクスLEDヘッドライトに変更か?

old-headlights-model-3-scaled-1 TESLA News
Credit:TMC
スポンサーリンク

今後数日から数週間のうちに北米で新しいテスラモデル3を受け取る予定の購入者は、納車時にヘッドライトを確認した方がよいかもしれません。

最近の報告によると、テスラは最新のモデル3に旧型の非マトリクスLEDヘッドライトを搭載するように戻したようです。

この変更は、TMC(Tesla Motors Club)フォーラムのメンバーであるbugnotfoundが、この週末に米国ワシントン州リンウッドにある彼の地元の配送ロットを訪問した際に、少なくとも3台の新しく製造されたモデル3セダンに古いヘッドライトが付いていることを発見して初めて注目されました。

Credit:TMC

彼によると、旧型のヘッドライトを搭載していたのは後輪駆動(RWD)とロングレンジ(LR)ヴァリアントだけだったそうです。パフォーマンス・バージョンには、まだマトリックスLEDヘッドライトが装着されていたとのことです。

この疑惑を確かめようと、彼は日曜日に再びロットに行き、降ろされたばかりのトラック一杯のモデル3を検査したところ、古いヘッドライトを持つ車をさらに発見しました。

製造年月日を示すステッカーから、旧型ヘッドライトに切り替わったのは20224月25日前後の車と思われます。

さらに、4月29日(金)に南カリフォルニアでRedditユーザーのu/Daedelus00に届けられた以下のモデル3ロングレンジが、その証拠となりました。

Credit:Reddit

テスラはこの変更についてコメントしておらず、デザインスタジオでは、モデル3の3つのバリエーションすべてにマトリクスLEDヘッドライトが搭載されたままです。

もし本当にRWDとロングレンジのバリエーションで旧来のヘッドライトに切り替えたのであれば、2020年に発売されたリフレッシュデザイン以来、モデル3には新型が搭載されているので、非常に不思議なことだと思います。

この切り替えは、テスラや他の自動車メーカーを悩ませている、現在進行形で公表されている部品供給問題が原因かもしれません。

もうひとつの可能性は、テスラがモデル3を、電動SUVのパフォーマンス・バリアントにのみマトリクスLEDヘッドライトを搭載するモデルYと足並みを揃えている可能性も考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました