テスラはインドで製造することで利益を得ることが可能−インド大臣

tesla-logo02 TESLA News
スポンサーリンク

インドのニティン・ガドカリ道路交通・高速道路大臣は、電気自動車(EV)に対する輸入税を引き下げるよりも、テスラがインド国内で自動車を製造すべきとの政府の姿勢を改めて強調しました。

ガドカリ氏は月曜日の記者会見で、EVの価格がガスエンジン車より安くなる日はそう遠くない、もしテスラがインドに店を構えて車を製造すれば、同社も利益を得ることができる、と述べました。

「もしテスラが国内で電気自動車を製造すれば、彼らもまた利益を得ることになる。」(The Economic Times

ガドカリ大臣は、インド国内生産のメリットが何であるかを説明しませんでしたが、先週行われたコメントから、彼の考え方が見えてきました。

giga-belrin
Credit:Tesla

先週行われた別の記者会見では、テスラは中国から国内に自動車を輸入すべきではないと述べ、それは現地生産を強化しようとしているインドにとって良い取引にはならないとの理由からでした。

その代わりにガドカリ大臣は、インドは巨大な市場であり、部品サプライヤーへのアクセスも良好で、テスラはインドで製造した車を他の市場へ輸出することができると述べました。

現在、インドに輸入されるEVは、4万ドル以上の価格の場合に100%もの輸入関税がかけられている状況です。

テスラは2021年1月にインドで初めて法人化して以来、1年以上にわたって輸入税を引き下げるよう政府と交渉してきていますが未だに進展はありません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました