インド運輸大臣、テスラの中国からの自動車輸入にNOを突きつける

tesla-model3-white-side TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、世界第4位の自動車市場に進出するため、インド政府に対して電気自動車(EV)の輸入関税を引き下げるようこれまで働きかけています。

テスラは、インド国内生産に踏み切るか、国産自動車部品の購入に少なくとも5億ドルを費やす前に、同国の電気自動車への需要レベルをテストするために中国ギガ上海から輸入した車両を販売したいと考えています。

giga-shanghai-02
GIGA上海

インド政府は、テスラが他国からの輸入を許可される前に、まずインドで自動車を生産することを約束しなければならないとしており、この対立する立場は膠着状態に陥っています。

インドの運輸大臣は、この問題に関して数ヶ月間沈黙を守っていましたが、テスラは中国ギガ上海から自動車を輸入すべきではないという政府の立場を改めて表明しました。

今週火曜日4月26日に行われた政府の会議で、インド運輸大臣ニチン・ガドカリ氏は、現地生産を増やそうとしているインドにとって良い取引にはならないだろうと述べました。

「イーロン・マスク氏がインドで製造する準備ができているならば、何の問題もありません。インドに来て、製造を開始し、インドは大きな市場であり、彼らはインドから輸出することができます。しかし、もし彼が中国で製造し、インドで販売したいのであれば、それはインドにとって良い提案とは言えません。」

インドに輸入される電気自動車には、世界でも最も高い輸入税が課せられており、4万ドル以上の電気自動車には100%かかることもあるようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました