バッテリーコスト高騰でも電気自動車販売台数は増加

bev-ev TESLA News
スポンサーリンク

最近、知り合いから電気自動車について聞かれることが多くなりました。もちろん、私たちのアドバイスは、「すぐにでも買いなさい」というものです。しかし、多くの人が「欲しい電気自動車がない」「値段を見て、やっぱりガソリンを使うことにした」と言うのです。

これが新しい現実なのでしょうか?既存自動車メーカーがEVに本腰を入れ、顧客もEVを渇望している今、サプライチェーンの混乱が、生まれたばかりのEVブームに影響を及ぼしているのでしょうか。

おそらく、そういうことではありません。よくあることですが、個人の経験や体験は統計と矛盾しています。EV-volumes.comの推計によると、今年第1四半期の世界のEV販売台数は120%近くも急増しました。テスラは2021年に数回、2022年3月にも大幅な値上げを実施したにもかかわらず、第1四半期に過去最高の31万台のEVを納車しました。

ロイターの報道によると、中国の自動車メーカーであるNio、Xpeng、Li Autoはいずれも3月に過去最高のEV販売台数を記録したとのことです。

ヨーロッパも活況を呈しています。最近のInsideEVsのヘッドラインには、ドイツでのプラグイン車の販売が減少しているという気になる見出しがあった。まさか!?と思ってクリックすると、確かに3月のプラグイン車(バッテリー電気自動車とプラグインハイブリッド)の登録台数は前年比6%減となりましたが、新車販売台数は全体で17.5%減となっっています。さらに、販売台数が伸び悩んだのはPHEVのみで、バッテリー電気自動車は15%増という結果です。(ドイツで最も売れているEVはテスラのモデル3とモデルYです。)

他の欧州市場でも3月に同様の伸びを記録しています。

最近の世界情勢は、これからの予測に非常に困難な状況です。これまでの常識では、EVの販売は、バッテリーコストが「マジックナンバー」と呼ばれる1kWhあたり100ドル(パックレベル)に達し、EVが水素燃料電池と同価格になれば、本格化すると考えられていました。実際、バッテリーのコストは何年も着実に低下してきましたが、専門家の多くは今年初めて上昇に転じると予想しています。ロイター通信によると、バッテリーレベルの平均コストは昨年の105ドルから、2022年第1四半期には160ドルに上昇するとのことです。

Tesla-battery-cells
Credit:Tesla

もちろん、バッテリーコストが膨らんだのと同じくらい、ロシアのウクライナ侵攻の影響でガス価格はもっと上昇しており、それがEV販売の伸びがまだ強い主な理由であることは間違いないでしょう。果たして、この勢いは続くのでしょうか?

バッテリー業界のマージンは薄いので、コスト上昇は自動車メーカーに転嫁され、ひいては消費者に転嫁されることになります。ロイターによると、中国で最も売れている小型EV、宏光Miniに使用されているバッテリーは、昨年より1,500ドルも高くなり、車の定価の30%に相当する可能性があるとのことです。EVの価格上昇は、自動車購入者の電動化熱を冷ます可能性があります。幸い、多くの業界関係者は、原材料、バッテリーセル生産、リサイクルへの投資が実を結び始めれば、バッテリーコストは1〜2年後に再び下落基調に転じると見ています。

石油価格の先行きについては、経済的、地政学的に予測不可能な展開が予想されるため、非合理的な顧客の行動も含め、経験則に基づくかどうかにかかわらず、推測することさえできない状況といえます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました