テスラモデルX「スマートサモン」で350万ドルのジェット機に衝突!

tesla-summon-crash TESLA News
Credit:Reddit
スポンサーリンク

オーナーによって危険な方法で「サモン」(遠くからリモートでテスラ車を呼び出す機能)されたテスラ車(おそらくモデルX)が、350万ドルのシーラス・ビジョン・ジェット機に衝突する様子がビデオに収められました。

スマートサモンは、テスラの以前からあるサモン機能に基づいており、オーナーが車道や狭い駐車場で数メートルだけ自動的に車を移動させるために使用されていたものです。新しいバージョンでは、オーナーはより遠くからテスラ車を召喚することができ、車はより複雑な駐車環境を自動でナビゲートすることができます。

CEOのイーロン・マスク氏は、このスマートサモンを「テスラで最も興味をそそる機能」と表現しています。

リリースから数週間後、すでに55万回以上利用され、複数のテスラオーナーが新機能「スマートサモン」のテスト中に、自分の車が衝突やニアミスに巻き込まれる様子を動画で投稿しています。

主に、駐車場に停めた場所から、自分のクルマが「自動的に」戻ってくるという使い方です。ある意味、車に誰も乗っていなくても使えるので、テスラにとって初めての本当の意味での「自動運転」機能でした。

しかし、テスラのオートパイロット機能やFSDベータ版(完全自動運転ベータ版)と同様に、オーナーは常に注意を払い、コントロールできるように準備しておく必要があります。テスラ車がジェット機に衝突したことで、その理由が極端な例で示されました。

スポケーンのフェルツ・フィールド空港で開催されたシーラス社のイベントで、スマートサモンされたテスラ・モデルXと思われる車がビジョン・ジェット機に衝突したのです。Redditで防犯カメラで撮影された動画がシェアされています。

https://www.reddit.com/r/flying/comments/u95dqt/someone_just_crashed_into_a_vision_jet/

この証拠映像は、車両がジェット機に向かって直進していることを確認するのに十分な時間があったように見えるため、車両を呼び出す際にオーナーが注意を払わなかったことを表しています。

スマートサモンを機能させるためには、オーナーはアプリ内のボタンに指を置いたままでなければなりません。指を離すとすぐに車は停止するのです。今回のケースでは、飛行機と接触した後もテスラ車が前進し続けたことが特に気になります。

過去にオートパイロットのテスラ車は、セミトレーラーのように地面から浮いている物体を検知することが難しいと指摘されたことがあり、今回の飛行機の後部にもそれに似ているようにも感じます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました