テスラ、ハンドル・ペダルのないロボタクシーの2024年量産開始を目指す

Tesla-with-no-steering-wheel TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

人を速く、便利に、安く、環境に優しく送り届けることができる交通機関は、気候状況を改善するための重要な要素です。そのために、テスラはハンドルやペダルのない専用のロボタクシーを開発し、2024年に生産を開始する予定です。

Tesla-bus-boring-company
Credit:Tesla

テスラのイーロン・マスクCEOは、ギガテキサスのオープニングイベント「サイバーロデオ」で、「『未来的な外観』の自律走行型専用ロボタクシーを開発する。」と発言しています。これは、同社がロボタクシーネットワーク上で動作するように特別に設計された新しい車両を開発することを意味し、したがってそれは人々の輸送に最適なものとなります。とはいえ、これ以上の詳細は語られず、どんなクルマになるのか、興味津々です。

2022年第1四半期の決算説明会で、マスクCEOはこのことについてさらに詳しく説明し、暫定的な生産スケジュールまで共有しました。この説明によると、ロボタクシーは、現在道路を走っている車に対する我々の理解を超えたものになるということです。この乗り物はハンドルやペダルを備えていず、特に自動運転に最適化されたものになるだろうとのことです。

「ギガテキサスのオープニングイベントで言及した新しい車両にも取り組んでおり、それはロボタクシー専用車両です。これは自律走行に高度に最適化されたもので、ハンドルやペダルはありません。そのほかにも、さまざまなイノベーションがあり、非常にエキサイティングだと思います。」

イーロン・マスク氏は、この車両が、「すべてを考慮した上で、1マイルあたりのコストや1キロメートルあたりのコストが最も安価である」ことを達成しようとするために、非常に最適化されていると説明しました。

「特に自動運転可能なロボタクシーによって、私たちは、消費者に、これまで経験したことのない、最も低い1マイルあたりの輸送コストを提供することになると思っています。そうです。ロボタクシーは、1マイルあたりのコストが1/5から1/10くらいになるんじゃないでしょうか。本当に相当なものです!つまり、我々の予測によりますと、ロボタクシーに乗るには、バスのチケットや地下鉄のチケットよりもコストが低くなるということです。」

マスク氏とテスラのアンドリュー・バグリーノ上級副社長(パワートレインおよびエネルギーエンジニアリング担当)によると、このプロジェクトは以前から開発されていた印象で、おそらくプロトタイプさえあるかもしれません。ギガテキサスの建物には以前から「Future Development」(将来の開発)というエリアがあり、ここでロボタクシーがつくられる可能性が高いと考えられます。

マスク氏は、テスラは新製品の発表をあまり急がないだろうと語りました。おそらく来年にはロボタクシーのイベントがあり、そこで新しい車両が発表されるとのことです。また、2024年の量産開始を目指しており、ロボタクシーは最終的に 「テスラの成長の巨大な原動力」になるだろうと語りました。

「だから、私たちは……あまりエキサイティングな製品発表に飛びつきたくはないと思っています。そこで、思うに、私たちは — 来年、ロボタクシーの製品イベントを行い、より詳細に触れるつもりですが、私たちは2024年の量産を目指しています。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました