テスラのヒト型ロボット「オプティマス」の生産と価格の見通しは?

teslabot-in-china TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

イーロン・マスクCEOは、先日TEDに出演した際、テスラのヒト型ロボット「オプティマス」(発表当時はテスラボットと呼ばれていた)の生産スケジュールと推定価格を明らかにし、このオプティマスとヒト型ロボットの社会における未来について、クリス・アンダーソン氏に語りました。

tesla-bot
Credit:Tesla

オプティマスの生産

「私たち(テスラ)が最初に作るユニットは、危険で、退屈で、繰り返しの多い、人がやりたがらないような仕事のために作ることになります。」と、イーロン・マスクCEOはアンダーソン氏に語りました。

マスク氏は、テスラが今年中にオプティマスロボットの「興味深いプロトタイプ」を公開し、2023年までに「何か役に立つものができるかもしれない」と推定しています。

加えて、彼はテスラが今後2年以内にヒト型ロボットプロジェクトで成長を遂げると予測し、2025年頃には、オプティマスの有用性が前年比で急成長するとマスクCEOは考えているようです。

アンダーソン氏とマスクCEOは、講演の中で、オプティマスが仕事の場ではなく、家庭でどのように機能するかを想像しました。アンダーソン氏は、テスラのヒト型ロボットを個人的な執事のような存在と表現し、便利な用途と形態を持つ、より相棒的なロボットと呼びました。

オプティマスの価格

人型ロボットの有用な機能が拡大するにつれて、テスラがオプティマスの生産規模を拡大する一方で、コストが低下するとマスクCEOは考えています。

オプティマスの価格について、イーロン・マスク氏は以下のように語っています。

「実はコストはめちゃくちゃ高くはならないと思います。車より安いくらいです。」

残念ながら、イーロン・マスクCEOはオプティマスの価格の根拠とした車のメーカーや車種を明言しなかったですが、アンダーソン氏は25,000ドル(約310万円)前後を示唆しました。

オプティマスと人間労働者の比較

アンダーソン氏は次に、テスラがオプティマスを発表して以来、かなり多くの人が心に抱いている疑問、すなわち「雇用市場にどのような影響を与えるか?」という質問を投げかけました。

マスク氏は、オプティマスは当初、危険で単調な仕事のためにつくられると繰り返し述べています。しかし、テスラのヒト型ロボットがより高度な機能を獲得するにつれて、その雇用市場への影響について疑問を抱く人が少なからず出てきました。

アンダーソン氏は、ヒト型ロボット労働者の価格は、人間の従業員と比較して、年間はるかに低くなると主張し、さらに人間の労働者はヒト型ロボットと同じように長時間働くことはできませんし、休暇を取りたがるのです。

「私は、人を失業させるようなことについては心配していません。私たちは実際に労働力の大幅な不足を抱えることになると思いますし、すでにそうなっています。だから、失業者が増えるのではなく、将来的にも実は労働力不足になると思うのです。」

テスラCEOは、過去にも人手不足について話しています。人手不足は、世界的な少子化が原因である可能性があり、マスク氏は、ウォール・ストリート・ジャーナルのCEOカウンシル・サミットでのインタビューで、出生率の低下について短く語っています。

ディストピアシナリオ

イーロン・マスクCEOもオプティマスでディストピア(暗黒世界:ユートピアの逆)シナリオの可能性について語りました。テスラがヒト型ロボットの生産計画を明らかにする以前から、マスクCEOはAIが人間の存在に与える影響について声高に訴えていました。テスラのCEOは、AI開発について常に注意喚起を行い、現在もその信念を貫いているようです。

マスク氏は、テスラの人型ロボットにいくつかの安全プロトコルを導入することに言及し、オプティマスの設計にすでに多くの先見性を注いでいることを示しました。

「つまり、明らかに、これがディストピア的な状況にならないように注意しなければなりません。重要なことの一つは、ロボットに局所的なロムチップを搭載することだと思います。これは無線で更新することができないので、例えば、「ストップストップ」と言えば、ロボットが必ず止まるような仕掛けです。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

「テスラボット」がいつの頃からか何故か「オプティマス」に変わりました。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました