テスラ、依然として米国の電気自動車市場を支配

tesla-model3-white30 TESLA News
スポンサーリンク

新しい登録データでは、テスラが依然として米国の電気自動車市場を支配していることが示されています。米国でEVの普及が加速するためには、何かが「壊れる」必要とがありそうです。

ここ数年、テスラは米国の電気自動車市場を席巻しています。今後、他のメーカーのから発売される他の多くの電気自動車がヒットし、米国市場の成長に貢献することで、テスラの市場支配力は徐々に低下していくと予想されますが、今のところ、米国のEV市場はテスラへの依存度が極めて高いことに変わりはありません。

一昨年の2020年は通年で、米国で新規登録された電気自動車のうち、テスラ車が占める割合は79%でした。

今回、エクスペリアンの登録データに基づく新しいレポートとして2021年のデータが出ましたが、テスラは予想通りシェアが少し落ち込んでいます。しかし、同社は依然として、米国におけるEVのシェアの半分以上を強力に保持している状態です。

それによると、テスラは依然として米国で69.95%のEVシェアを占めており、日産はわずか8.51%なので、ダントツの1位につけています。

テスラは、まだサービスセンターを開設していないアラスカ州を除くすべての州でEV販売をリードしていますが、最近、同州で初のスーパーチャージャーを稼働させました。

このように、他のすべての既存自動車メーカーは、まだまだテスラに追いつくことが必要なのです。

幸い、そのうちの数社は今年、米国で新しいEVを発売しており、2022年にはフォードやフォルクスワーゲンを中心に数社がEVのシェアを伸ばすと予想されます。

米国では、上記のように、ほとんどの地域でEVの普及率がまだ低いため、他の既存自動車メーカーに市場を盛り上げてもらう必要がありそうです。

しかし、テスラもスピードを緩めるつもりはありません。テスラは、米国カリフォルニア州フリーモント工場の生産を拡大し、ギガファクトリー・テキサス工場での生産を開始する予定です。追加生産の一部は輸出される予定ですが、テスラはまだ米国内で成長すると予想されます。

今月初めにお伝えしたように、テスラはガソリン価格の大幅な上昇を受けて、米国各地で受注率が急増しています。

テスラの新規注文の納期予定によると、各モデルのほぼすべてのバージョンについて、現在も大きな受注残があり、納期が長くなっているようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

アラスカで最も売れてるのが日産!

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました