テスラ、英国右ハンドル市場で「モデルY」の納車を開始!

model-y-uk-01 TESLA News
https://twitter.com/TeslaOwnersUK
スポンサーリンク

テスラは、世界で最も人気のあるEVとしての地位を固めつつある電動SUVのモデルYを、英国をはじめとするいくつかの右ハンドル市場で発売しています。

元々、モデルYはギガファクトリー・ベルリンで生産を開始した後、欧州内で発売される予定でした。

しかし、テスラはこの計画を変更し、ギガファクトリー上海から一部の欧州市場に向けてモデルYの輸出を開始しましたが、英国をはじめとする欧州の一部の右ハンドル市場は一部に留まっています。

10月、テスラは英国でモデルYの受注を開始しました。2022年初頭の納車に向けて、ロングレンジAWDの価格は54,990ポンド(約860万円)からとなっていました。

テスラのイギリスとアイルランドにおけるマーケットリーダーであるティム・フィンドレイ氏は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドなど「右ハンドル市場」でモデルYのデリバリーを開始したと発表しました。

英国はテスラにとって長年にわたり重要な市場となっています。

テスラは2021年に英国で過去最高の販売台数を記録し、新車登録データによると、同国が初めて自動車市場の10%を超えるという、電気自動車市場シェアのマイルストーンに到達するのに貢献したことが明らかになりました。

同国では、2021年累計で2番目に売れているEVの約3倍となる34,000台以上のモデル3を納車しました。

モデルYは、他の市場と同様に、英国でもモデル3と同等かそれ以上の人気を博すと思われます。

テスラが今後数カ月の間にどれだけのモデルYを納車できるのか、興味深いところです。ただし、本当の台数はギガファクトリー・ベルリンからの納車が始まってからになると思われますが、これは本日お伝えしたように、まだ不確定要素が多いのです。

興味深いことに、テスラは英国におけるモデルYの発売のマーケティングの一環として、「テスラボット」、あるいは現在では「オプティマス」と呼ばれているものを使用しています。

英国におけるモデルY納車イベントの「テスラボット」もしくは「オプティマス」

イーロン・マスクは最近、『テスラは2022年に人型ロボット「オプティマス」の製品開発を新車など他の製品よりも優先している』と発言しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

もうそろそろ日本でも注文可能になってもおかしくないとは思います。どのくらいの価格になるかはありますが。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました