テスラ 新型モデルY、ギガファクトリー・テキサスから配送センターへ出荷!

new-model-y-from-texas TESLA News
https://twitter.com/peterdog15
スポンサーリンク

新型リチウムイオンバッテリー4680セルを搭載したストラクチャラル・バッテリーパックが採用されたテスラモデルYがギガファクトリー・テキサスからおそらくデリバリーセンターへ出荷されているのが目撃されました。ギガファクトリー・テキサスでの正式な生産開始はまだ発表されていませんが、最終認証が終わったようで、近日中に発表される予定と考えられます。

みんなこのテスラの米国新工場の稼働を待ち望んでいます。

テスラは、最新の第4四半期および2021年度のレポートとその後開催れた決算発表会で、ギガファクトリー・テキサスでの新型モデルYの組み立ては2021年末にすでに始まっていると述べています。

ギガファクトリー・テキサスでのモデルYの組み立ては少し前から行われていたため、テスラは当初、大量の車両を納品するために、一部の車両を備蓄していた可能性があります。テスラによると、現在、車両は最終認証を受けており、その後、最初の納車を開始する予定だということです。

2021年第4四半期決算発表会より
「2021年後半からギガファクトリー・テキサスでモデルYの製造を開始。オースティン製モデルYの最終認証後、顧客への配送を開始する予定」

ギガファクトリー・テキサスを出発するモデルYを積んだトラックがJeff Roberts/Twitterによって目撃されました。テスラの配送センターに送られ、まもなくオーナーに引き渡されると考えるのが自然だろということです。この結論は、時間軸からすると、すでに認証が完了している可能性があるだけでなく、これらの新車が工場から発送される他の理由の可能性が低いと思われるからです。

車両運搬用トレーラーには、色も仕様も異なる新型モデルYが積まれているのがわかります。

もし、このクルマが何らかのテストのために配送されているとしたら、おそらく外装色は1色か2色で、同じ内装仕様になっています。ところが、この写真を見るとどのクルマも色が違うし、内装仕様も違うように見えます。

https://twitter.com/peterdog15

また、車両運搬用トレーラーには最上級グレードであるモデルYパフォーマンスも積み込まれています。つまり、この車両運搬用トレーラーには、テスラ車を配送センターに輸送する他の車両運搬用トレーラーと同様な感じの車両が積まれているのです。

さらに、ジェフ・ロバーツ氏は、これらのモデルYには4680セルの新型バッテリーが搭載されており、したがってストラクチャラル・バッテリーパック採用車であると主張しています。

2021年第4四半期の決算説明会で、テスラのイーロン・マスクCEOは、テキサス・オースティンの工場で、テスラはストラクチャラル・バッテリーパックと4680型のバッテリーセルを搭載した車を製造していると述べましたので、これらのモデルYも新型だと想定されるのです。

2021年第4四半期決算発表会より
「だから、テキサスでは、我々はストラクチャラル・バッテリーパックと4680セルでモデルYを製造しており、我々はかなり近いと考えられるの車両の最終的な認証後にデリバリーを開始します。」
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・改変・追加して作成しています。

英国で右ハンドル車、中国でモデルYが売れて、米国でテキサス製が配送開始となると、間もなく日本でも発売開始になってもおかしくなさそうですが…。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました