テスラ、カナダ運輸省よりヒーターとデフロスターのリコール発表

tesla-heat-pump-2 TESLA News
https://www.notateslaapp.com/
スポンサーリンク

カナダ運輸省は2022年2月3日、テスラのモデル3、モデルY、モデルSのリコールを発令したとのことです。このリコールは、同庁が一部のテスラ車のヒートシステムに問題があることを発見したために出されました。

カナダ運輸省は、2,084台強のテスラ車がリコールの影響を受けると報告しています。リコールの対象となるのは、2021年と2022年のモデル3およびモデルY、および2020年、2021年、2022年のモデルS車が対象となっています。

報告書によると「特定の車両において、低温時に車内暖房が効かなくなる可能性がある。この場合、フロントガラスのデフロストおよびデフォグシステムが正常に機能しない可能性がある。」とのことです。

tesla-heat-pump-2
https://www.notateslaapp.com/

安全上の主なリスクは、デフロストまたはデフォグシステムが適切に機能せず、ドライバーがフロントガラス越しに視界を確保することが困難になる可能性があります。カナダ運輸省は、「視界が悪くなることで、衝突のリスクが高まる可能性がある」と報告しています。

同機関は、この問題はファームウェア・リリース2021.44から2021.44.30.6までのテスラ車のみに影響すると指摘しています。カナダ運輸省によると、テスラはこの問題を通知してから60日以内に現在の所有者に向けて通知しなければならないとのことです。また、テスラのヒーターとデフロスターの性能に関する苦情については、引き続き調査を行っています。

2月1日現在、カナダ運輸省はテスラ・モデル3およびモデルYの寒冷時の暖房、換気、空調システム(HVAC)の性能に関する消費者からの苦情を171件受けています。2022年1月5日にテスラ・モデル3およびモデルYのHVACシステムに関する消費者からの苦情6件を受け、テスラに関する課題評価レベルの欠陥調査を開始しているところです。

米国では、米国交通安全局(NHTSA)が同様のリコールを発令しています。米国の規制当局は、テスラのソフトウェア・エラーにより、一部の車のヒートポンプが意図せずに動き、デフロスト機能に悪影響を及ぼすことをリコール報告書で公開しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳を参考に追加・修正・変更・編集して作成しています。

冬季の外気温が極端に下がる地域では死活問題でしょう。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました