米国道路交通安全局が暖房の不具合についてテスラと協議中

tesla-heat-pump-2 TESLA News
https://www.notateslaapp.com/
スポンサーリンク

最近、一部のテスラで暖房が効かない、あるいは完全にクライメートシステムが故障する現象が発生しています。

これはヒートポンプを搭載した車両において、極端な寒さのために暖房が不足する可能性があるとの報告です。

一部のテスラには、外気温や車内の部品を冷却する必要があるかどうかによって、自動的に開閉するフラップを含むフロントインテークがあります。このフラップが開いたまま固まってしまい、ヒートポンプが全く作動しないか、極寒の地で非効率的に作動してしまうことがあります。

吸気フラップとヒートポンプ

下の映像はフロントインテークフラップの状況と、ヒートポンプが電気ヒーターとどう違うのかを説明した秀逸な動画です。ヒートポンプは2020年にテスラの一部モデルから搭載が開始されました。

テスラは、最近のソフトウェアアップデート、主にヒートポンプがより低い温度で熱を生成できるようにするアップデート 2021.44.30.6 と 2021.44.30.7 でこれらの問題の修正を試みています。

これらのアップデートで一定の成果を上げているオーナーもいれば、まだ車内で暖房が効かないというオーナーもいます。

heat-pump
ヒートポンプの動作原理

この暖房の不具合で安全性に懸念があるとされています。ロイターによると、カナダ運輸省は今週初めにテスラと何らかの対話を始め、米国道路交通安全局(NHTSA)も現在、テスラと対話を行っているとのことです。

米国道路交通安全局は、「この問題を認識しており、引き続き情報を収集し、テスラと問題を話し合い、潜在的な安全性の懸念を評価している」と述べています。

テスラはこの問題を最優先事項としており、寒冷地にある自社のチームと協力して、これらの問題の特定と解決に取り組んでいるそうです。

極寒のためテスラの暖房が効かない場合は、テスラアプリのテスラサービスにご連絡ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

そもそも極寒の状態だとヒートポンプの性能は極端に落ちるので、ヒーター兼用の方が良いように思います。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました