既存自動車メーカーを置き去りにする驚異の生産効率、テスラギガファクトリー

gigashanghai04 TESLA News
https://youtu.be/esa7iC0MOJ8
スポンサーリンク

テスラは、設立から20年足らずで、時価総額で世界最大の自動車メーカー、複数の国で最も売れている自動車(最近ではノルウェー・スイス)、最も多く「タトゥーとして彫られる」自動車メーカーのロゴなど、前例のないほど多くの名声を獲得しています。

そのテスラが、またひとつ、新たな称号を手に入れました。テスラの米国カリフォルニア州フリーモント工場が、北米で最も生産性の高い自動車工場に選ばれたのです。

全米70以上の製造施設の生産データを分析したブルームバーグによると、テスラのフリーモント工場は2021年に週平均8,550台の電気自動車を生産し、トヨタのケンタッキー州ジョージタウン工場の8,427台/週、BMWサウスカロライナ州スパルタンバーグ工場の8,343台/週、フォードのミシガン州ディアボーンのトラック工場564台/週に勝ったようです。

gigafactory
Credit:Tesla

テスラがトヨタをかろうじて上回ったように見えますが、この日本の自動車メーカーのケンタッキー州にある工場敷地は、フリーモント工場のほぼ2倍の広さがあり、テスラは単位面積あたりではるかに多くの自動車を生産していることを考慮すると、十分な差といえるでしょう。

2018年にテスラが 「駐車場のテント」に第3の生産ラインを設置したと揶揄した業界の古参は、今どこにいるのでしょうか?あるいは、新しい組み立てラインはフォトショップで作られた偽物だと主張した人たちも一体どこにいったのでしょうか?実際に、物議を醸したこの建造物は、構造として正しい建造物で、まだ現役です。

昨年は既存の自動車産業にとって良い年ではありませんでした。サプライチェーンの混乱でほとんどの自動車メーカーが生産縮小を余儀なくされたましたが、テスラは設計から生産が垂直統合型であり、加えて特に自社でのソフトウェア開発を実施しているおかげで、2020年比で83%も世界生産量を増加させることができたのです。

懐疑的な人は、 マイクロチップ供給不足が、テスラがトヨタのような製造業の超大企業を凌駕することができた主な理由であると指摘するかもしれません。

しかし一方で、このことがテスラの偉業をより印象深いものにしている、と言う人もいます。自動車産業やその他の分野での環境は急速に変化しており、いわば「毛皮で覆われた小さな哺乳類が、巨大な恐竜の周りを回り始めている状況」なのです。

フリーモント工場は、テスラがGMやトヨタの旧工場を利用して長年かけて作り上げた、新旧の技術の寄せ集めです。10月の株主総会でイーロン・マスクは、「最初にあそこに入ったときは、親の靴を履いた子供のようでした。今となっては、缶詰のスパムみたいなものです。どうすれば、より多くのものを収めることができるのか。」

テキサス州オースティンとベルリンの新しいギガファクトリーは、テスラが効率性の高い製造モデルとして最初からカスタムメイドした、まったく異なる施設であり、その最新鋭のEVラインは数週間以内に量産体制に入る予定となっています。

テスラは、テキサス州のギガファクトリーがフル稼働になれば、年間100万台の車両を生産できるようにしたいと考えています。これは、1週間あたり約2万台の生産に相当します。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・追加・改変して作成しています。

実は、ギガファクトリー上海は年間生産量で既に100万台近い能力なのです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました