テスラ、モデルYの「生物兵器防御モード」実証実験映像リリース

bioweapon-defense-mode TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラのHEPAフィルターと「生物兵器防御モード」(バイオウェポン・ディフェンス・モード)は、その有用性と必要性が繰り返し証明されています。テスラがモデルYにこのフィルターを装着して行った新たなテストでは、車内の空気を清浄に保っていることが実証されています。

1月25日、テスラはYouTubeチャンネルで新しいチュートリアルビデオを公開し、HEPAフィルターとバイオウェポンディフェンスモードが、ほぼすべての汚染物質を捕獲して車内の空気を清浄に保つことができることを示しました。

このテストでは、テスラチームはHEPAフィルターを搭載したモデルYと、標準的なフィルターを搭載した別の車(BMW)を使用しました。

大きな風船の中にモデルYとBMW モデルY側には人が乗っています

2台のクルマを膨らませた大きな風船の中に入れ、そこに特殊なパイプを通して発煙筒で汚染された空気を供給してフィルターの性能を確認する実験です。

わずか数秒で、BMWの車内は濃い赤い煙で充満し始め、標準のフィルターが完全に機能していないことが示されています。

一方、モデルYの車内の空気はきれいなまま保たれていました。フィルターの点検では、汚染された赤い色の粒子を効果的に捕らえるため、その内部は完全に汚染されていることが確認されました。同時に、車内に最も近い部分には目に見える汚れはなく、フィルターが完全に機能していることが確認できました。

BMW側の車内。赤く染まってます
モデルY側の車内。人がいても大丈夫

大都市の空気は非常に質が悪く、人々に健康被害を与えています。

HEPAフィルターと「生物兵器防御モード」(バイオウェポン・ディフェンス・モード)は、テスラユーザーの生活の質を大きく向上させることができます。バイオウェポンディフェンスモードの動作原理は簡単で、HEPAフィルターを使って車内の空気を浄化するというものです。

HEPAとは、99.97%以上の効率を持つ高性能分子エアフィルターで、煙、塵、バクテリアなどの汚染物質を効果的にろ過することができます。このろ過能力が強いほど、吸気単位面積あたりの空気は小さくなります。十分な空気供給を確保するため、テスラのHEPAフィルターエレメントは非常に大きくなっています。

このテスラによる実証実験の結果映像は以下をご確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

HEPAフィルターの大きさ大きすぎるので、モデル3には適用できないとのことです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました