テスラ、米国で完全自動運転(FSD)オプションを2000ドル値上げ、価格は1万2000ドルに

fsd-beta-v9-subscription TESLA News

テスラは1月17日より、FSD(Full Self-Driving:完全自動運転)オプションの価格を2,000ドル値上げし、12,000ドルとするようです。

この価格改定は、テスラCEOのイーロン・マスク氏が発表したもので、ツイッターを通じて決定の詳細を共有しました。

「テスラFSDの価格を1月17日に12kドルに値上げ」
米国でのみ。
FSDの価格は、FSDがリリースできる製品に近くなるにつれ、高くなっていく予定です。

今回のFSDオプションの2,000ドルの値上げにより、テスラが同機能の購入価格を値上げするのは2020年10月以来となります。前回の変更でも同様に2,000ドルの値上げで、前回8,000ドルという価格から引き上げられました。

前回の値上げの理由は、テスラFSDベータ版が限定リリースで提供されたためです。これは、セーフティスコアが十分に高い一部のドライバーが、半自律技術の開発に貢献できるベータプログラムの開始を意味していました。

テスラのFSDオプションは、SAE(Society of Automotive Engineers:米国自動車技術者協会)の規格によると、現在レベル2に格付けされています。SAEは、レベル2の自律走行車の能力として、ステアリングと速度の両方を制御できることを挙げています。運転席には人間が座り、いつでも車をコントロールすることができ、注意力を保つことが要求されるレベルです。

  概要 運転(責任)の主体
レベル0
運転自動化なし
ドライバーが全ての運転操作を行う ドライバー
レベル1
運転支援
システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作のどちらかを部分的に行う ドライバー
レベル2
部分運転自動化
システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作の両方を部分的に行う ドライバー
レベル3
条件付運転自動化
決められた条件下で、全ての運転操作を自動化。ただし運転自動化システム作動中も、システムからの要請でドライバーはいつでも運転に戻れなければならない。 システム
(非作動の場合はドライバー)
レベル4
高度運転自動化
決められた条件下で、全ての運転操作を自動化。 システム
(非作動の場合はドライバー)
レベル5
完全運転自動化
条件なく、全ての運転操作を自動化。 システム

今回の値上げの理由は不明です。テスラFSDの機能は、オートパイロットベータのナビゲート、オートレーンチェンジ、オートパーク、サモン、スマートサモン、トラフィック&ストップサインコントロールベータ、そしてオートパイロットの2つの機能、トラフィック・アウェア・クルーズコントロール(周辺の交通状況を見ながら前車に追従する機能)とオートステアリングです。このテスラFSDには、1つの機能が欠けており、数年前から開発されている「市街地での自動運転」です。

テスラは、これまでFSDベータプログラムのアップデートを約2週間に1回の頻度で定期的にリリースしています。これらのアップデートでは、その前のバージョンから様々な修正を施しています。

またテスラでは、このFSDを月額で利用できるオプションがあり、月額99ドルで契約でき、かついつでも解約することができるサービスです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・参考にして作成しています。

サブスクで十分なような気がする。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました