テスラ、モデル3で36万台、モデルSで12万台をリコール!

tesla-model3-dark TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、モデル3で約36万台、モデルSで約12万台のおよそ48万台のリコールを届け出ました。モデル3については、6月に立て続けに届け出られたブレーキキャリパーボルトの締め付け問題とフロントシートベルト固定問題に続けて2021年3回目となります。

今回は、このモデル3、モデルSのリコールの詳細をご報告いたします。

モデル3のリコール約36万台 バックカメラに関する不具合

テスラは、トランクを閉めたときにバックカメラのケーブルが損傷する可能性があるとして、356,000台以上の「モデル3」をリコールすることを届け出ました。これは、カメラの誤動作の原因となる可能性があるとリコール関連資料には記載されています。

NHTSA(米国運輸安全局)が公表したリコール報告書によると、このリコールは356,309台に適用されるとのことです。リコール対象車のうち、不具合が発生するのはわずか1%と予想される、と資料には記されています。2017年7月15日から2020年9月30日の間に製造されたモデル3に適用されます。

「モデル3のトランクハーネスには、センターディスプレイに表示するためのバックカメラ映像を供給するソリッドコア同軸ケーブルが装備されています。トランクリッドの開閉を繰り返すうちに、同軸ケーブルが過度に摩耗することがあります。この摩耗により同軸ケーブルのコアが分離すると、バックカメラの映像がセンターディスプレイに表示されなくなります」

上記のようにNHTSAの不具合説明には記載されています。NHTSAは、同軸ケーブルの過度の損傷は、バックカメラが使用できなくなる原因となるとしています。このリスクは「ドライバーの後方視界に影響を与え、衝突の危険性を高める可能性があります。バックカメラの表示ができなくなった場合でも、ドライバーはバック時にミラーを使用することで運転を継続することができます」と付け加えています。

同軸ケーブルの損傷は、トランクの開閉に伴って伸縮するトランクリッドにあるハーネスが原因であるようです。トランクが閉じた状態では、ハーネスが折れ曲がり、長時間にわたって曲げ半径がきつくなり、「ケーブルのコアにストレスがかかる」ことがあります。

モデル3の所有者は、ハーネスの目に見える材料の摩耗を観察し、自分の車が影響を受けているかどうかを確認することができます。この摩耗により、センターディスプレイのバックカメラ映像がちらついたり、断続的に見えたりすることがあるようなので、対象時期のオーナーは一度ご確認ください。

この問題は、最初にフィールド品質チームにより、サービス時においてトランクハーネスの消耗に潜在的な問題があることを確認し、エンジニアリング調査を開始したようです。

12月10日に調査が終了した後、12月14日にリコールの判定が下されました。NHTSAは、2017年10月から2021年12月の間に、この不具合に関連する2,301件のクレームと601件の現場報告を確認しています。テスラは、この不具合による事故、負傷者、死亡者の発生を確認していません。

2021年になってからモデル3に関するリコールは3件目で、最初の2件はシートベルトとブレーキキャリパーのボルトの問題に関連するものです。

以下は2021年6月に立て続けに発表されたモデル3のリコール2件の詳細です。

1件目はブレーキキャリパーのボルトの緩み、2件目はフロントシートベルトの固定の件で、詳細はそれぞれ以下を参照ください。

モデルSのリコール約12万台 フランクラッチに関する不具合

テスラはこれに加えて、モデルSのリコールも出しており、NHTSAのサイトにも掲載されています。これは、2014年から2021年のモデルSセダンの約119,000台に適用され、車のフランクラッチに関連した不具合です。

テスラは、2014年から2021年に製造販売されたモデルSをリコールしています。フロントトランクラッチアセンブリの位置がずれているため、セカンダリフードラッチがかみ合わない可能性がある問題です。この問題の有る車両は、連邦自動車安全基準番号113「フードラッチシステム」の要件に適合していません。

この問題により、モデルSのボンネットが不意に開き、ドライバーの視界が妨げられる可能性があるとのことです。テスラサービスは、必要な場合に限り、ラッチシステムの点検と位置の変更を行い、この問題を無償で修正します。テスラは、モデル3のリコール通知と同時に、影響を受ける車の所有者に通知書を発送します。

モデル3のリコール関連書類は以下を参照ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・参考にして作成しています。

2件のリコールのうち、モデル3の方は結局バックミラーで代用できるので、緊急の問題はなさそうですが、モデルSの方のフランクが勝手に開くようなトラブルがあると、恐ろしいですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました