2022年米国で登場予定の最も期待される電気自動車22選!

TESLA News

2022年の新年を迎えるにあたり、より楽観的な展望として、主要な自動車メーカーがこぞってEVの新モデルを投入することで、EVの普及がさらに進むという見通しがあります。以下は、2022年に登場が予定されている最も期待される電気自動車の一部と、それぞれについての簡単な紹介です。

2022年に登場が期待される電気自動車

このリストを作成するに際して、その数と種類の多さと、2022年に消費者に与えるインパクトの大きさを考えると、自動車市場において非常に大きな変化を示すものと思われます。

少し停滞した2021年の電気自動車発売の帳尻を合わせるように、今、顧客に少しずつ提供され始めているEVもあるかもしれませんが、全体としては、今後12ヶ月の間に消費者に提供される(であろう)2022/2023年モデルを紹介します。

また、分かりやすくするために、自動車メーカーごとにアルファベット順に並べています。さらに、お気に入りの電気自動車を紹介するためではなく、もうすぐ手に入るすべてのEVの選択肢にワクワクしてもらうために作成しています。

BMW iX xDrive50

まず最初にご紹介するのは、BMWの電気自動車「スポーツ・アクティビティ・ビークル」、iXです。もともとはテスラモデル3に対抗するiNextというコンセプトEVとして登場し、4万ドル前後の価格で市場に投入される見込みの電動3シリーズに興奮しました。

ただ残念なことに、iNextは、高級クロスオーバーiXに進化し、税金などエクストラな費用を除いて82,300ドルの希望小売価格で登場する予定です。それでもiXは、516馬力のデュアルモーターAWD、4.4秒の0-60 mph、そして300マイルの航続距離を約束します。また、わずか10分のDC急速充電で、最大90マイルの航続距離を充電することができます。

BMW iX xDrive50は、間もなく欧州に、次いで2022年3月に米国に導入される予定です。

キャデラック・リリック

キャデラック・リリックは、2023年までに20車種のEVを発売するという親会社の戦略の一環として、GMのBEV3プラットフォーム上に展開される、キャデラック初の電気自動車としてデビューする予定です。

2020年8月に公式デビューして以来、我々は3フィートディスプレイ、ヘッドアップARディスプレイ、Tテスラのユーザー・エクスペリエンスに対抗することを目的としたインフォテインメントシステムなどが予定されています。

この8月の生産発表に続き、キャデラックリリックも$58,795と6万ドルをわずかに下回る価格でスタートすることがわかり、その結果、リリックはわずか19分で完売しました。2022年のデリバリーが予想される中、キャデラックは最近、本格的な生産に入る前の最新のプロトタイプの映像を公開しています。

米国におけるリリックの初期納車は、2022年3月に開始される予定です。

カヌー・ライフスタイル・ビークル

カヌーは、このリストの他の自動車メーカーと比べると知名度は低いかもしれませんが、独自の技術とユニークなデザインを持つことから、いつの日か有名になるかもしれません。すでに複数の電気自動車が発表され、2023年まで計画されていますが、カヌーのライフスタイル・ビークルは、同社にとって最初の登場となる電気自動車です。

ライフスタイル・ビークルは、同社が最初に発表した電気自動車です。カヌーは、このライフスタイル・ビークルを「車輪のついたロフト」と表現していますが、そのように表現する十分な理由があります。5323リットルという大容量と2〜7人掛けの座席を備え、パノラマガラスとドライバー用のストリートビューフロントウィンドウで囲まれた空間はまさに「ロフト」です。

ライフスタイル・ビークルの希望小売価格は税別34,750ドルで、デリバリー・トリムからアドベンチャー・バージョンまで、さまざまなニーズに対応する4種類のパッケージが用意されます。いずれも航続距離は250マイル以上で、100ドルの保証金で予約注文が可能です。

ライフスタイル・ビークルは、2022年後半に発売される予定です。

フィスカー・オーシャン

ヘンリック・フィスカーが自分の名前を冠したEV企業において2台目となるEVは、今回、フラッグシップSUVのオーシャンです。オーシャンは、フィスカーが検討していた他の多くのコンセプトの中で、2019年に発表されました。

オーシャンの発売が本当に現実味を帯び始めたのは昨年10月で、フィスカーはEVを生産するために製造業の巨人マグナ・インターナショナルと契約を結んだと発表しています。2021年のLAオートショーでデビューした後、私たちはオーシャンを間近で見て、その3段階の価格設定と、オーシャン・エクストリーム・トリムのソーラールーフなどの独自の技術について実際に見ることができました。

航続距離250マイルのオーシャン・スポーツは、税金や諸費用がかかる前での価格は$37,499からです。現在、米国では連邦税額控除が適用されているため、その全額が適用されれば、3万ドル以下でオーシャンを手に入れることができ、これは消費者にとって大きなセールスポイントとなると考えられます。

マグナの協力のもと、この電気自動車オーシャンは2022年の11月に登場する予定です。

フォード F-150ライトニング

フォードF-150ライトニングは、2022年そして2023年に向けて、最も人気のある電気自動車になる素質があります。電動ピックアップの販売がガソリン車のFシリーズ(米国で44年間最も売れたピックアップ)のようなものであれば、フォードはライトニングの需要に追いつくよう努力する必要があります。

特に、ライトニングはすでに20万台以上の予約を集めていますが、それはエンドユーザーだけで商用客は含まれていません(ただし、そのセグメントもサポートするために別のビジネスを既に立ち上げています)。ライトニングの生産に関するフォードの計画を考えると、すでに予約だけで2024年まで完売している状況です。フォードは、230マイルの標準航続距離、家庭での充電などライトニングが勝者になりうる事を認識しているように思われます。

すでにライトニングの生産台数を増やして需要に応えていますが、このEVはまだ発売されてもいません。2022年型ライトニングの市販モデルは、税金や手数料を支払う前の希望小売価格が39,974ドルからで、300マイルの拡張バッテリーなどのオプションによって、そこから価格が上がっていきます。

フォードによると、2022年1月に販売体制が整い、その後、春からライトニングの生産と納品が始まるとのことです。

ジェネシス GV60

ジェネシスもまた、2025年までにすべての新型内燃機関モデルを終了させ、全ての車種について電動化を目指すと宣言している自動車ブランドです。2022年にも電気自動車への移行をスタートさせるために、ジェネシス初の電気自動車専用モデルであるGV60は、現代自動車グループのE-GMPプラットフォーム上に展開されます。

このクロスオーバー・ユーティリティ・ビークル(CUV)には、ジェネシスの特徴である、ユニークなクリスタル・スフィア・センターコントロールを備えた豪華なインテリアが採用される予定です。パワートレインは、シングルモーター2WD、スタンダードAWD、パフォーマンスAWDの3種類で、GV60の最高出力を瞬時に高めてダイナミックな走りを実現する「ブーストモード」を搭載しています。

GV60のEPA(米国環境保護庁)による航続距離は未定ですが、77.4kWhのバッテリーパックによる航続距離は280マイルから始まり、AWDトリムでは249マイルと229マイルと推定されています。GV60は、バッテリーコンディショニング、マルチ入力充電システム、自動車から電力系統への給電(V2L)、プラグアンドチャージ決済技術などを装備することが分かっています。

GV60の価格はまだジェネシスから発表されていませんが、同社はこの電気自動車が2022年の春に登場する予定であることを明言しています。

GMC ハマーEVピックアップ(EV³ˣ)

GMは2022年に電気自動車の発売・納車で他メーカーに追いつく必要がありますが、この世界最大級の自動車メーカーにとって大きなエポックとなるのは、巨大なハマーラインナップの電動化バージョンでしょう。

2020年、新型ハマーのEVと、SUVやピックアップ版など、その姿を目にすることができました。GMは当初、この電動ピックアップトラックを最初に発表したとき、実用的なプロトタイプの開発まで至っていないことを認めていました。しかし、昨年12月、ようやくハマーEVのいくつかの印象的な映像を公開しました。

新型電動ハマーの最も手頃なバージョンは2024年まで登場する予定はないのですが、ユーザーは2022年と2023年に、より高価なバージョンの登場を期待することができます。 私たちはこれを2022年型ハマーEVと呼んでいますが、11万ドル以上するGMのエディション1ハマー・エレクトリックは、最近最初の顧客への納車を開始しました。それらのバージョンは昨年およそ10分で完売した分です。

四輪操舵による「カニ歩き」などの機能も含め、今のところ想定されているスペックは非常に印象的です。しかし、これらのハマーは、様々なトリム(そして複数の年式)で非常に異なるので、今後のGMCからの情報をしっかり確認していく必要があります。

ハマーEVピックアップ(EV³ˣ)は2022年の秋に、希望小売価格$99,995から販売されることが期待されています。

ヒュンダイ IONIQ5

IONIQ5は、ヒュンダイの新しい電気自動車ブランドIONIQの最初の電気自動車であり、現代グループの新しいE-GMPプラットフォームでデビューする最初の電気自動車です。この新しいCUV(クロスオーバー・ユーティリティ・ヴィークル)を間近で体験する機会を何度か得て、間違いなくこのクルマに興奮しています。

IONIQ5の魅力のひとつは、ワイドボディとロングホイールベースで、マッハEやVW ID.4をしのぐクラス最大級の室内容積を実現していることです。

また、ARヘッドアップディスプレイや先進のADAS、V2L機能など、クールなテクノロジーも満載です。つまり、キャンプや駐車中に様々なデバイスに電源を供給したり、他のEVを充電したりすることができるのです。もちろん、最速の充電スピードも魅力です。

しかし、2022年にこの電気クロスオーバー車の最大のセールスポイントとなるのは、その価格かもしれません。ヒュンダイは、IONIQ5の希望小売価格を、4万ドル以下の驚きのスタンダードレンジRWDバージョンに始まり、5万5千ドル以下のHUD付きAWDリミテッドトリムまで、驚くほど手頃な価格で共有しました。

IONIQ5は、ヨーロッパでは2021年に販売されていますが、北米では2022年に向けて展開が始まったばかりです。

起亜 EV6

2022年にIONIQ5の次に加わるのは、現代グループの兄弟車である起亜EV6です。この電気自動車は、2022年に登場するE-GMPプラットフォームの第3弾であり、起亜自動車の電動車ラインナップへのシフトの始まりを意味します。

起亜自動車のEV6は、現代自動車のEVと同様、絶賛され、早くから需要がありました。起亜は最近、この電気自動車は、航続距離310マイル以下で2022年に製造・納車することを発表しました。実際, そのスポーティな外観により、このEV6は同じ航続距離の場合にはIONIQ5の強力なライバルになると考えられます。

価格について起亜自動車からまだ公式の発表がないので簡単に推測できないですが、EV6が4万5千ドルからの価格で販売しようとしているようです。

これらの公式の価格が実際にどこに着陸するかにかかわらず、EV6のすべての車種は、2022年初頭に米国で販売される予定です。

ルーシッド エア ピュア

2022年に発売予定のルーシッド・モーターズのフラッグシップセダン「エア」には、3種類の車種があラインナップされていますが、この「ピュア」バージョンが、高級EV自動車メーカー、ルーシッドの販売台数を真に押し上げる可能性があると考えられます。

エアの最上級グレード「ドリームエディション」は、今年10月にルーシッドの工場で組み立てが開始され、その後、520台の納車が開始されました。この16万9千ドルの大作によりルーシッド待望の市場参入の口火を切ることになりましたが、高級EVセダンとして名を馳せるには、この後に続くより手頃な価格の車種が必要になると考えられます。

顧客は2022年にグランドツーリングとツーリングの車種が販売開始するのを待って判断する必要がありますが、7万7,400ドルのピュアが、まさにエントリーグレードのクルマということになります。確かにそれでもまだ高額なEVですが、これまで売られた「エア」よりも約9万ドルも安価です。ピュアにはパノラマルーフが含まれていませんが、480馬力と406マイルの航続距離を手に入れることができます。

ルーシッドエアピュアは、2022年中に納車されると予想されます。

ロータス「タイプ132」SUV

ロータスの電気自動車での最初のSUVは、このリストの中で最も詳細不明な車であり、特にその正式名称さえまだ分かっていません。コードネーム「タイプ132」は、ロータスが一連の短いビデオを通じて予告してきたもので、一瞬チラリと見えるSUVの姿だけが公表されています。

これは、2022年に電動車販売を目指すロータスの次期EV4車種の中の1台として発表されたものです。確かに明らかになってないことはまだまだたくさんありますが、これまでに集めた情報は以下のとおりです。「タイプ132」は、ロータスの新しい軽量シャシーを搭載したバッテリー型電動SUVで、LiDARテクノロジーとアクティブフロントグリルシャッターを採用する予定です。インテリアもこれまでのロータス車とはまったく異なるものになると考えられます。

ロータスは、タイプ132SUVの0-60 mph加速は約3秒で、最も先進的な「800ボルトの高速EV充電システム」を使用すると公表しています。また、「タイプ132」は92kWh-120kWhのバッテリーパックを搭載し、800Vの充電器で20分程度で80%の充電が可能とされています。

タイプ132は、2022年春に登場する予定です。

マツダ MX-30

もうお気づきかもしれませんが、今回のリストには既存自動車メーカーによる初の電気自動車が数多く含まれています。これは、2022年が電気自動車の年になる可能性が非常に高いことを示す大きな理由です。この傾向は、日本の自動車メーカーであるマツダも同様で、近日発売予定のMX-30は、非常に魅力的な価格ですが、いくつかの妥協点とともに登場予定です。

今年4月にMX-30が発表されたとき、ベースモデルの希望小売価格が33,470ドルから始まり、「プレミアム・プラス」パッケージですら36,480ドルまでしか価格が上がらないことがわかりました。連邦、州、および地域のインセンティブを考慮すると非常に安価に手に入れることが可能な電気自動車です。

しかしながら、35.5kWhというバッテリーパックは100マイルの航続距離を実現するだけなので、価格が安価なのは一部の消費者にとってMX-30の貧弱な航続距離を正当化することはできないだろう。それでも、MX-30は2022年に期待される電気自動車です。なぜなら、近距離を使うニーズと各種インセンティブによる破格の価格は、競合他社の多くよりも大幅に低コストだからです。

さらに、日本企業が電気自動車を送り出すのは喜ばしいことです。MX-30は既に現在発売中です。

メルセデス・ベンツ EQE

メルセデス・ベンツは、ラグジュアリーなEQSを始めとする新しいEQラインにより、すでにEVの提供を開始しています。2022年の米国では、EQSに加え、SUVのEQBと、EQBの小型電動化バージョンであるEQEが発売される予定です。

このミッドサイズセダンは、90kWhのバッテリーで410マイルの航続距離と292馬力のシングルモーターを搭載して登場する予定です。EQEのインテリアは、MBUXハイパースクリーンと巨大なタッチディスプレイを備えたEQSに酷似しています。

EQEの価格は未定ですが、メルセデス・ベンツは2022年に登場することを公表しています。

NIO ET5

NIOのET5は、このリストの中でも直近で発表されたばかりのEVで、米国市場への参入が予定されていない数少ないEVのひとつです。12月末に中国で開催されたメーカーの年次イベント「NIO DAY」で発表されました。

2022年、この電気自動車は、先に発表されたET7とともに、NIOが提供する第2のセダンとして登場する予定です。NIOは1,000km(~621mi)の航続距離(CLTC)を約束しており、中国におけるテスラはこのET5という強力なライバルが登場することになります。

機能としては、NIO自動ドライブ(NAD)をサポートするLiDAR技術、NIOアキラ・スーパーセンシング、NIOアダム・スーパーコンピューティングがあり、高速道路、都市部、駐車、バッテリー交換などの場面で、この新しいEVが安全な自律運転を達成できるようになるとのことです。

ET5の価格は、中国の補助金適用前で328,000人民元(51,450ドル)、BaaS(バッテリー・アズ・ア・サービス)適用後で258,000人民元(40,468ドル)です。

中国での納車開始は2022年9月の予定です。

日産 アリア

日産はリーフを発売して以来、電気自動車の生産で早くから有名でしたが、それ以来、あまり革新的なことはしていません。しかし、2030年代初頭までに100%電気自動車にするという国連のキャンペーン「レース・トゥ・ゼロ」に参加した世界の自動車メーカーのひとつでもあります。それは、このクロスオーバーの「アリア」から始まります。

2020年夏に発表された日産初の電気自動車SUVは、プロトタイプテストを通じて、その進捗を共有してきました。この秋、アリアは米国で正式に発売され、4万6千ドルの希望小売価格から予約を開始しました。

4つの車種バリエーションがあり、それぞれに87kWhのバッテリーが搭載され、そのうち3つはFFとなる予定です。推定航続距離は265〜300マイルとさまざまです。日産は、予約意欲を高めるため、2022年1月31日までに先着1万台の注文を受け、2年間のEVgoメンバーシップを無料で提供するとともに、購入時に500ドルの充電クレジットを提供します。

アリアの米国での納車は、2022年秋に開始される予定です。

ポールスター3

ET5は最も新しいEVの一つとしてリストに登場しましたが、ポールスター3は最も謎に包まれたEVの一つです。上の写真からわかるように、ボルボ・グループの子会社ポールスターが公開した唯一の画像は、まだ迷彩をまとっています。

この夏、ポールスターは、その第三のEVに取り組んでいることを明らかにしました。米国市場向けに特別に設計され、販売されるSUVです。このポールスター3は、ボルボ・グループによって新世代の電子アーキテクチャ上で設計され、デビューすることがわかっており、空力と電力消費に関する競争力を持つと考えられています。

さらにユーザーはこのポールスター3に、特に安全性に重点を置いた自律走行機能を期待することができます。私たちは先日、ボルボ・カーズのスポーツクーペ「ポールスター5」を公開した際に、このポールスター3の姿を初めて目にすることができました。

残念ながら、現時点では他のスペックは明らかにされていませんが、後日明らかにされる予定です。

ポールスター3は、2022年頃に生産が開始される予定です。

リヴィアン R1S

リヴィアンR1Sは、フラッグシップモデルであるR1TのSUVバージョンで、市場に初めて投入された電動ピックアップトラックです。R1Tと同じユニークな機能を多数備えながら、より多くの室内容積を持つのが特徴です。

R1Sの初期ローンチ・エディションは最近12月末に納車が開始されましたが、このSUVの2つの廉価版車種が2022年に予定されています。そのサイズとボリュームのEVとしては悪くないEPA推定316マイルの航続距離を提供し、それぞれ「アドベンチャー」と「エクスプローラー」という2つのパッケージで提供されます。

納車は、あなたがR1Sで選択した車種とアドオンによって異なりますが、2022年中には開始される予定です。

スバル ソルテラ

アウトドアに特化した自動車ブランドの流れを汲むスバルは、2022年に発売予定のSUV「ソルテラ」で電気自動車市場に参入することを計画に入れています。スバルは昨年5月以来、2021年を通じてこの同社初のEVに関して、チラ見せや小ネタを提供してきました。

しかし、ソルテラが搭載する250マイルの航続距離を含むすべてのスペックを本当に知ったのは、この11月になってからです。これは71.4kWhのバッテリーに基づくもので、スバルは日本のWLTC基準で285マイル(460km)の航続距離を実現できると主張しています。これは、EPA(米国環境保護庁)基準でおよそ250マイルの航続距離に相当すると考えられます。

価格はまだ発表されていませんが、ソルテラは2022年半ばに販売を開始する予定です。

テスラ サイバートラック

テスラサイバートラックについては、多くの憶測が流れた後、テスラはサイバートラックが正式に2022年に延期されたことを公表しました。

それ以来、テスラとイーロン・マスクCEOは、2022年中の納車開始を目指しているようです。

サイバートラックは、4つのモーター、4輪操舵、および「カニモード」を装備しているとされています。テスラは、競合他社を注意深く観察し、優位に立とうとしているのかと考えられます。

テスラはその後、サイバートラックのコンフィギュレーターからすべての仕様と価格を削除しましたが、2022年後半に生産が開始される予定であることは分かっています。あくまで今の所の予定ですが。

トヨタ bZ4X

これまでトヨタは、EVの生産について非常に消極的な数少ないグローバル自動車メーカーでした。実際、ハイブリッド車や水素燃料電池車を優先してEVの普及を妨げてきたことは、よく知られた事実です。

しかし、トヨタは世界市場の趨勢から逃れられないようで、2022年にいくつかの電気自動車を投入することを約束しています。そのひとつが、同社の新しい「beyond zero」ラインアップの一部である電気SUV「bZ4X」です。

bZ4Xは来年米国に導入され、FF仕様の航続距離は推定250マイルです。AWDモデルの航続距離は未定ですが、これまで明らかにされていた1充電あたりの航続距離(WLTC)は460kmです。EPAによる航続可能距離は、これよりかなり短くなることが予想されます。

米国での価格はまだ発表されていませんが、この電気自動車のSUVは2022年半ばに米国に到着する予定です。

フォルクスワーゲン ID.5

ID.5は、フォルクスワーゲングループとそのIDファミリーが提供する最新の電気自動車です。フォルクスワーゲンは、すでに世界中でID.3とID.4のEVで大きな成功を収めており、すべてのブランドで電動化戦略を加速させようとしています。

この夏、ミュンヘンで開催されたIAAオートショーの前に、ID.5 GTXの「ほぼ量産」バージョンを予告していたことを取り上げました。しかし、フォルクスワーゲンは今年11月、ID.5とID.5 GTXの詳細について、独自開発のMEBプラットフォームを採用したシングルFRとデュアルモーターAWDバージョンなどを公開しました。

フォルクスワーゲンは、ID.5のどのバージョンについても、正確なレンジや価格をまだ確認していませんが、価格のニュースを受けてイギリスとEUに到着し、2022年初頭に販売を開始する予定です。

XPeng G9

XPengは、NIOとフォルクスワーゲンに加えて、新たに発表したSUVのG9を米国外で提供することになりました。G9はXPengモータースの4番目のEVで、今年11月に中国で開催された広州国際自動車展覧会で発表されました。

ハードウェア、ソフトウェア、通信を統合したXPeng独自のEVプラットフォーム「X-EEA 3.0アーキテクチャ」を採用した新型SUVです。また、FOTA(Firmware-over-the-Air)アップデートも最短で30分程度で行えるようになります。

XPengの新モデルは、新世代のXPower 3.0パワートレインシステムと中国初の800V量産型SiCプラットフォームを採用します。その結果、XPengのSUVであるG9は、5分間で200km(124mi)までの距離を充電でき、最大エネルギー効率は95%以上であるとしています。

XPengは、2022年第3四半期に中国でのG9の生産開始を目指しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

世界で最も自動車が売れる米国でこの状態です。2022年はBEV元年という感じですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました