テスラ中国、モデルYが注文殺到で10月にSUV1位、年内売り切れ!

modely-white TESLA News

テスラにとって米国の次に大きな販売市場となっている中国で、モデルYが非常に好調な売れ行きとなっています。今回は、中国市場で内燃機関車も含めたランキングで全SUVの中で10月に最も売れたのがモデルY、という記事とすでに中国では年内のモデルYが完売している、という記事のご紹介です。

テスラモデルY、中国で10月最も売れたSUVに

テスラのモデルYは、中国市場を征服し続けています。10月には、米国メーカーテスラの電気式コンパクトSUVモデルYが、世界で最も人気のある内燃機関メーカーメルセデスの販売台数をも上回り、最も売れているSUVとなりました。

中国市場は、テスラモデルYを特別な愛情をもって受け入れ続けています。

10月には、世界で最も人気のあるメーカーメルセデスをも上回る、中国で最も売れているSUVとなりました。

2021年10月中国におけるハイエンドSUV販売台数ランキング

テスラは先月、13,303台のモデルYを登録し、それらが国内の道路を走っています。2位はメルセデス・ベンツの「GLS」で、登録台数は12,620台です。自動車市場の回復にもかかわらず、2020年と比較すると、エンジンを搭載したSUVの販売台数は、前年同期比で10.7%の減少を示しています。3位はBMW X3で、登録台数は11,243台となり、こちらも前年同期比で21.7%の減少となっています。

テスラのクルマは、価格を下げて廉価版をリリースすると、必ずと言っていいほど注文が急増します。今年の夏にリリースされたテスラモデルYスタンダードレンジは、中国で非常に多くの新規注文を獲得しています。

モデルYスタンダードレンジ、中国で2021年分は完売

テスラモデルYスタンダードレンジは、中国で2021年分が正式に完売しました。先週、米国ではモデルYの年内の販売が完売し、このテスラの手頃な価格のクロスオーバーに対する強い需要が明らかになりました。

テスラ中国の注文ページによると、モデルYスタンダードレンジの推定納期は10~12週間で、既に2022年に完全に食い込んでいます。先週の時点では、納期は6~10週間、2021年12月下旬または2022年1月上旬頃とされていました。

なお、モデルYロングレンジの納期は2021年第4四半期となっています。また、テスラ中国では、年内にモデルYパフォーマンスの納車を開始する予定です。

2022年は、テスラとモデルYにとって大きな年になるでしょう。既に稼働開始直前のギガ・ベルリンとギガ・テキサスは、年間を通じて着実に生産を拡大していきます。このドイツベルリンと米国テキサスにある2つのギガファクトリーは、テスラの生産能力を大幅に高め、2022年の納車台数に大きな影響を与えると考えられます。

特に、ギガ・テキサス工場とギガ・ベルリン工場は、モデルYの製造で操業を開始する予定です。特にギガ・ベルリンは、モデルYの一部のバリエーションの欧州での納期を短縮し、同地域での販売と納車をスムーズにすると思われます。

テスラは、これらの新しいギガファクトリーで、ストラクチャラルバッテリーパックと4680セルを搭載したモデルYユニットを生産することを目指しています。4680セルの生産ライン用の機械は、すでにギガ・テキサスに到着し設置されているようです。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

本当に「世界で最も売れるクルマ」になりそうな勢いです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました