テスラの2021年第4四半期の納車は、記録的な台数になる?

giga-shanghai01 TESLA News

2021年第4四半期も残り2カ月近くとなりましたが、テスラの販売の勢いは衰えることを知りません。今回は、世界の輸出拠点と位置づけられているギガ上海からの輸出の状況と、中国国内の需要に関するレポートです。

2021年第4四半期の出荷は、12隻の輸出船がアジアと欧州へ

テスラは、記録的な販売台数だった2020年の数字をこの第3四半期の時点で超えているにもかかわらず、この第4四半期も驚きの納車台数を達成するために気合を入れているようです。

テスラの輸出船をトラッキングしている情報によると、第4四半期にヨーロッパとアジアに向かう少なくとも12隻の船を確認しており、フリーモント工場とギガ上海から車両を届けています。

確認されたテスラの船のうち、2隻はフリーモントからアジアへ車を運んでいます。残りの10隻のテスラの船は、上海から欧州に向かっており、おそらくメイド・イン・チャイナ(MIC)のモデル3とモデルYの車両を積んでいると思われます。

米国フリーモントと中国上海の両工場は、年の瀬を迎えて非常に忙しくなっているようです。

最近、ドローンで撮影されたギガ上海の映像では、工場内の自動車待機場が満杯で、積み込みを待つたくさんの自動車運搬車が映っていました。まだ四半期が始まったばかりなので、ギガ上海の待機場で目撃された車は、おそらく輸出用のものでしょう。

giga-shanghai00
https://youtu.be/_0QEPramlnk

この工場では通常、四半期の最初の2ヶ月間は輸出用の車を中心に生産しています。12月に入ると、中国市場向けの生産を開始することになるでしょう。

数日前に公開されたフリーモント工場のビデオでは、テスラの米国における製造も手加減していないことが明らかになっています。積み込みや配送のために、自動車運搬車が多数確認されています。フリーモント工場のいくつかの区画では、モデルSやモデルXの新型モデルも見られました。

テスラは、年間を通じて着実に納車台数を伸ばしています。第1四半期には、モデル3とモデルYのみで構成される184,800台の車両を納車しました。

当時、テスラはモデルSとモデルXのラインで供給上の問題を抱えていました。

第2四半期までに、テスラはモデルS Plaidの納入を開始し、最終的な納入台数である201,250台に少し貢献しました。テスラは、第3四半期に241,300台を納入しました。同社は今年に入って第3四半期の合計で627,350台を納入しています。

テスラ中国、注文急増のため頭金0%プログラムを中止

テスラは、中国向けに野心的な頭金0%プログラムを導入していましたが、わずか数日後に中止しました。

これにより、中国の顧客は最低10%の頭金でテスラを購入する必要があります。

この変更については、中国の通信社「新浪金融」が最近伝えました。同ニュースは、テスラ中国からの情報を引用し、頭金0%のプログラムにより車両の注文が急増したため、同社のEVの納期が遅れる可能性があることを懸念したと述べています。

テスラ中国のオンラインコンフィギュレーターを見ると、モデル3スタンダードレンジ・プラスは現在、6週間から10週間の納期予定で表示されています。

一方、モデル3パフォーマンスは、この第4四半期の予定納期が記載されています。テスラ中国が現地のニュースメディアに伝えた情報を考慮すると、同社は来年初めの納車が滞る可能性を回避したいと考えているようです。

頭金0%プログラムが中止されたとはいえ、テスラ車の頭金が10%というのは、かなり魅力的な条件です。

テスラがギガ上海で生産しているモデル3とモデルYは、技術と安全性に妥協しない姿勢が評価され、米国で最高の電気自動車として認められています。そう考えると、頭金を10%にしたとしても、テスラ中国の受注は順調に推移すると考えてよいのではないでしょうか。

tesla-gigashanghai
Photo: WU WA/YouTube

中国におけるテスラのプレゼンスが高まっていることから、つい最近、中国のいくつかの都市がテスラの第2の電気自動車生産工場の誘致を検討しているという噂が浮上したのも不思議ではありません。

しかし、テスラ中国の副社長であるグレース・タオ氏は、中国に第2のテスラギガファクトリーを建設するという噂を公式に否定し、その報道は事実ではないと述べています。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

さて、これまで過去も最も納車台数が多くなる第4四半期に何台納車されるのか楽しみです。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました