テスラ、セーフティスコア99点ドライバーも対象にFSDベータ10.3開始!

tesla-fsd-beta-v10.3-02 TESLA News
https://youtu.be/RYaKaKhBcyQ

テスラは、FSDベータ10.3の提供を正式に開始しました。最新のFSDベータ10.3では、いくつかの改良が施されており、リリースノートにはその詳細が記載されています。

テスラコミュニティのメンバーが確認したように、FSDベータ10.3は現在、セーフティスコアが99以上のドライバーに適用されています。これは、CEOのイーロン・マスクが先日ツイッターで述べたもので、安全性スコアが100以下のドライバーには、先進運転支援システムが徐々に公開されることになっています。

テスラFSDベータ10.3の詳細なリリースノートは以下の通りです。

  • ローリングストップ、追い越し車線からの退出、速度に応じた車線変更、追従距離、黄信号のヘッドウェイなどの動作をコントロールできるFSDプロファイルを追加。
  • 対向車線に沿って走行し、進路妨害を回避する機能を追加。
  • 前方視界の推定値と、交差車線の交点までの距離に速度をリンクさせることで、クリーピング速度を改善。
  • 自動車周辺映像のデータ量を増やすことで、交差物体の速度推定を20%、旋回推定を25%向上。また、システムのフレームレートが1.7フレーム/秒向上しました。
  • 学習データセットに25000個のビデオクリップを追加することで、車両によるセマンティック検出(ブレーキランプ、ターンインジケーター、ハザードなど)を改善。
  • 一般化された静的物体ネットワークに6,000個のビデオクリップを追加することで、静的障害物の制御を改善(精度+5.6%、リコール+2.5%)。
  • ランプから幹線道路への合流時や、低速車線から高速車線への車線変更時に、より多くの加速を可能に。
  • 歩行者と静的世界との相互作用のモデルを改善することで、誤った減速を減らし、歩行者のオフセットを改善。
  • 安全に車線変更ができる場合に、より自然に車線変更ができるようにすることで、保護されていない状態での旋回プロファイルを改善。
  • 高速道路への進入時に必要な縦方向および横方向の加速度の制限を厳しくすることで、速度プロファイルを改善。

FSDベータ10.3のリリースは、当初、2021年10月22日(金)の深夜に設定されていました。しかし、土曜日になっても、FSDベータグループのメンバーは、自分の車にアップデートが届かないことを確認していました。

https://youtu.be/RYaKaKhBcyQ

これについてイーロン・マスクは、テスラの社内QAチームが「信号機での左折時の不具合」を発見したことを説明しました。この現象に対する修正プログラムが開発されることで、マスクCEOは、FSDベータ10.3が日曜日に配信される可能性が高いと述べ、そのとおりになりました。

テスラは、FSDベータ版の展開を「保守的」に進めていますが、不注意なドライバーや先進運転支援システムを無責任に使用しているユーザーに対しては、さらに厳しいルールを適用しても不思議ではありません。

数日前、テスラがFSDベータテスターに警告を発したメッセージのコピーがネット上で話題になった際、イーロン・マスクCEOは、同社が実際に、道路への不注意によってシステムを悪用しているユーザーを追い出していることを指摘しています。

テスラは現在、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)の調査を受けており、オートパイロット中の車両が停車中の緊急車両に衝突した事件が調査の対象になっています。テスラはその後、オートパイロットの安全性を高めるアップデートを実施しましたが、このアップデートを公開する前にリコールを実施しなかったため、NHTSAを刺激してしまったようです。

しかし、2021年第3四半期の決算発表の場で、テスラの役員は、同社がこのような調査を歓迎しており、可能な限り道路を安全にするためにあらゆる安全機関と協力していくことを強調しました。

テスラFSDベータ10.3の動作を以下のビデオでご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

アップデートの内容はかなり専門的でどの程度の機能改善があるのか不明ですが、少なくとも機械学習は米国内で進んでおり、日本国内でのフリートが大きくならないとこなれないように思います。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました