4輪操舵とサイドミラーを備えたサイバートラックが目撃される!

tesla-cybertruck TESLA News

テスラは、サイバートラックのプロトタイプの改良に鋭意取り組んでいるようです。

ちょっとわかりにくいですが、明らかにサイドミラーがあります。

Tesla HypeというTwitterアカウントでは、テスラサイバートラックがテスト走行している短い動画が公開されています。

この動画は、Drive Tesla Canadaのジェッセ・サンドヴァル氏によるものです。テスラがサイバートラックのデザインを改良している可能性があるという話を聞いたことがありますが、何を(あるいは誰を)信じていいのかわかりません。

Tesla Hypeによると、サンドヴァル氏の動画に登場するサイバートラックはサイドミラーを装着しており、テスラCEOであるイーロン・マスク氏が過去に言及した後輪操舵システムを採用しているようです。

総合的に考えると、このツイッターにアップロードされたサイバートラックは、ソーシャルメディアで話題になっている改良されたプロトタイプである可能性があるようです。

サイバートラックにはサイドミラーが必要になるだろうと考えられていたので、サイドミラーが装備されていることは驚くべきことではありません。ただ、後輪操舵が実装される可能性については興味深いものです。

テスラは、ライバル車が続々と登場する中で、サイバートラックの発売を延期し、この電動ピックアップトラックをより魅力的なものにするために、できる限りのことをする必要があるのかもしれません。

すでに発売されているRivian R1Tは、多くの人が予想していた通り、驚異的なオフロードトラックであることが証明されています。また、まだ開発中のものもありますが、それなりの「かくし芸」も用意されています。ハマーEVは、4輪操舵システムのおかげで「カニ歩き」ができますし、フォードF-150ライトニングにはそのような技はありませんが、家に電力を供給する機能があり、これはゲームチェンジャーになる可能性があります。

サンドヴァル氏はDrive Tesla Canadaに話した内容によると、彼はカリフォルニア州フリーモントから車で2時間ほどの距離にある、アトウォーターのキャッスル空港で、映像にあるテスラのサイバートラックのプロトタイプを見つけたということです。

ビデオ映像をご覧になればわかるように、このプロトタイプにサイドミラーが付いているかどうかは、疑問の余地がありません。映像が少し粗く、サイバートラックが遠くにあるにもかかわらず、ミラーがあることは完全に確認できます。

映像の中のプロトタイプサイバートラックが後輪操舵であるかどうかは、確実にはわかりませんが、非常にうまく操縦しているようにも見えますし、回転半径の小ささも印象的です。マスクCEOは7月に、テスラがサイバートラックに後輪操舵を採用するとツイートしていました。

テスラによると、サイバートラックの生産開始は2022年後半を予定していますが、本格的な生産は2023年になるとのことです。テスラサイバートラックの生産・納入時期は、テスラの2つの新工場(ギガテキサスとギガベルリン)の開設状況に左右され、特に、ギガ・テキサス工場の動向にかかっていると言えると思います。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

米国での生産も遅れそうなので、日本国内に入ってくるのは2024年くらいですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました