「テスラは半導体危機にどのように対処したか?」モルガン・スタンレーが第3四半期の驚異のパフォーマンスを分析

microchip TESLA News

テスラの2021年第3四半期の素晴らしい納入実績は、半導体チップ不足に悩む自動車業界のなかでは驚異の結果でした。

世界の自動車メーカーの中で、テスラだけは車両生産を停止しなかったため、半導体チップにまつわるサプライチェーンの危機を回避できた唯一の自動車メーカーといえます。モルガン・スタンレーの主席アナリストであるアダム・ジョナスは、テスラの今回の生産停止を回避する能力について検証しており、この対処によりテスラは史上最高の四半期を達成することができました。

ジョナス氏はモルガン・スタンレーの最新の投資家向けノートに 「テスラは、どう半導体チップ危機に対処したのか?」と題してレポートを書いています。

実際のところ、この謎は2021年第2四半期の決算発表会で答えは分かっていました。テスラは、自社製のマイクロコントローラーを組み合わせて使用することで、自動車の製造における大惨事を避けることができた、と述べています。

「当社のチームは、半導体の不足による製造の中断に迅速に対応し、それを緩和する比類のない能力を示しました。当社の電気およびファームウェアエンジニアリングチームは、現在進行中の半導体不足に対応して、19種類の新しいバリエーションのコントローラーの設計、開発、検証に懸命に取り組んでいます」

ジョナス氏は、テスラの部品不足を打開する能力を4つのカテゴリーに分類しました。それは、「垂直統合」「洗練」「交渉力」「規模の拡大」です。

垂直統合

特に自動車分野において、テスラが世界で最も高度な垂直統合を行っている企業の一つであることは周知の事実です。テスラは、自動車のシートをはじめとする多くの部品を自社で管理・維持しています。

また、小売のチャネルを自ら所有していることは、世界的な部品不足を乗り切る上で大きな強みとなっています。ユーザーは交換部品や車両サービスのために莫大な料金を支払う必要がなくなります。

洗練

ジョナス氏は、テスラが自社で車両を開発しているのは、プロセッサをはじめとする最高の技術を車両に搭載する能力があるからだ、と書いています。テスラは、市場で最もハイテクな車両を開発しているという評判がありますし、これは驚くべき事実です。

交渉力

テスラのクルマは市場で最も垂直統合されたクルマのひとつですが、自社で製造しない部品についてはサプライヤーとの関係を維持しています。テスラは、他の自動車メーカーをはるかにしのぐ勢いで協力関係を強化しながら、「技術をさらにインソースすることで、サプライヤーに気を配る」ことができるのです。

規模の拡大

テスラは、前四半期比で非常に速いペースで成長していますが、現時点では他の自動車メーカーに比べて規模が小さいのが特徴です。

「一方で、多くのサプライヤーは、テスラが現在の数倍の年間生産量を誇る有力な自動車メーカーになる道を歩んでいると考えています。現時点ではテスラの規模はそれほど大きくないものの、ほとんどのサプライヤーはテスラを『戦略的』な顧客と位置づけています」

テスラの2021年第3四半期24万1,000台を超える納車台数が、同社の株価にさらなる強気の見通しを与えていることは周知の事実です。同社がチップ不足を回避できた理由は、その課題への準備とこの会社の拡張性にあります。

テスラの品揃えは現時点では他のOEM企業ほど充実していませんが、それでもウォール街の最も堅実で情報に精通したアナリストの予測を上回る驚異的な成長を遂げています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

確かに、テスラにとって半導体のサプライチェーン問題はなかったに等しい結果でした。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました