テスラ・メガパック、英国最大のバッテリープロジェクト開始!

tesla-megapack TESLA News
Photo: Contego project/Abdul Latif Jameel Energy
この記事は約2分で読めます。

アブドゥル・ラティフ・ジャミール・エナジー社の再生可能エネルギー事業であるフォトワティオ・リニューアブル・ベンチャーズ(FRV)と英国のデベロッパーであるハーモニー・エナジー社は、英国最大のバッテリープロジェクトを立ち上げることを発表しました。

この99MW/198MWhのプロジェクトには、テスラ・メガパック・エネルギー貯蔵ソリューションが利用されています。

このプロジェクトは、英国エセックス州の高速道路M25号線沿いにあるClay Tye(クレイ・タイ)にバッテリーを設置するもので、最近、工事が開始されました。

今回の99MW/198MWh規模のプロジェクトは、この種のものとしては容量的に英国で最大のものです。

この施設では、テスラ・メガパック・リチウムイオン電池システムが使用されるほか、リアルタイムの電力取引と監視のためのテスラ・オートビッダー AIソフトウェアも使用される、とPVマガジンは報じています。

テスラのエネルギー貯蔵ソリューションを使用する同地のプロジェクトは、これが初めてではありません。ウェストサセックス州のバージェスヒル近くにある34MW/68MWhのコンテゴ・プロジェクトが最近完成しています。このシステムでは、28個のテスラ・メガパック・バッテリーとテスラ・オートビッダーソフトウェアで構成されています。

FRVのシステムのうち、クレイ・タイの開発は、2019年末に発表したこの種のプロジェクトのポートフォリオを世界的に拡大するという公約に沿ったものです。FRVは先日、単なる開発者から独立系エネルギー生産者へと成長戦略を加速させることを発表しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

自動車の次はグリッドに系統連系される大型バッテリーですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました